エリア

東京都豊島区のおすすめ屋根修理業者を徹底解説!

  • 「雨が降ると天井がシミになるんだよなぁ」
  • 「雨漏りする前に、業者に見てもらわないとなぁ」

雨漏りを確認してからでは、床や家電は濡れてしまいます。早急な対応が必要になるため、どこの業者を頼ったらよいか迷うでしょう。場合によっては冷静さを欠いているため、悪徳業者に依頼してしまうかもしれません。

豊島区は働き世代の定住率が低い地域であることから、古い建物が多くメンテナンスが行き届いた住居ばかりではありません。おすすめ業者を参考にして、早い段階で対応すれば失敗を防ぐことができますよ。

【今すぐわかる】屋根修理業者のカンタンな選び方

屋根修理を行っている業種

各業種ごとの特徴と選ぶときのポイント

業種別特徴まとめ

東京都豊島区のおすすめ屋根修理業者5選!

ここからは先ほど紹介した選び方をもとに、東京都豊島区で対応してくれるおすすめの屋根修理専門業者を5社ピックアップしました。

ぜひ参考にしてください。ではどうぞ!

1位・屋根修理のすまいるーふ

2位・東洋コウケン株式会社

  • アフターメンテナンスが充実
  • 小回りが利く自社一貫工事

会社概要

その場しのぎで修理をしても、長期的に屋根の状態を見ていかなければまた同じような雨漏りの原因を作ってしまうことがあります。東洋コウケン株式会社は、一年に一度、施工後の様子を確認しに来るため安心です。

東洋コウケン株式会社は、自社一貫体制を取っています。物件や屋根のより詳しい説明が聞け、疑問や問題は素早く解決することができるため、依頼主の安心につながるのです。

会社名東洋コウケン株式会社
住所〒131-0041 東京都墨田区八広3-35-18
電話番号03-5655-1040
対応エリア東京都
HPhttps://www.toyo-1040.co.jp/index.html

3位・広栄住装株式会社

  • 高品質をお手頃価格で
  • 緊急対応も可能

会社概要


広栄住装株式会社は個人工務店ですが、依頼主の要望を取り入れた施工を心がけています。作業に立ち会う職人が見積もりから施工まで一貫して行うため人件費やマージンを削減でき、高品質をお手頃価格で提供できるのです。

水漏れや雨漏りは、緊急な処置が必要になることがあります。急なトラブルが発生した際には「いつでもご連絡ください」とのことなので、可能な限り早急な対応をしてくれるでしょう。

会社名 広栄住装株式会社
住所〒179-0074 東京都練馬区春日町2-27-10
電話番号03-3825-5925
対応エリア 東京都西東京市およびその周辺地域
HPhttps://koueijyusou.jp/

4位・株式会社ライフ総建

  • 八王子市で3年連続No1の成功実績
  • 分かりやすい診断と提案書

会社概要

会社名株式会社ライフ総建
住所〒193-0822 東京都八王子市弐分方町250-4
電話番号 042-659-0240
対応エリア東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
HPhttps://life-soken.jp/

5位・株式会社マスタープルーフプロデュース

  • 最長15年の施工保障
  • 応急処置にも迅速に対応

会社概要

会社名株式会社マスタープルーフプロデュース
住所東京都町田市野津田町2858-10
電話番号042-708-9620
対応エリア東京都・神奈川県
HPhttp://www.master-proof.jp/

【まとめ】迷ったら屋根修理専門業者に依頼!補助金も活用して費用を抑えよう!

豊島区の方におすすめの屋根修理業者について紹介していきました。あなたが頼んでみたい業者は見つかりましたか?

結論として迷ったら『屋根修理専門業者』に相談することをおすすめします!皆さんの会社選びが少しでも楽になったら幸いです!

豊島区の屋根修理補助金・助成金・支援制度の紹介

依頼する会社は決まっても費用面は抑えていきたいところですので、気になる補助金制度についてを紹介していきます。豊島区ではどんな補助金が使えるのか?自分で調べるのは大変なので、簡単にまとめてみましたので、参考にしてくださいね!

豊島区木造住宅耐震改修補助事業

豊島区内の木造住宅の耐震改修で発生した費用に、助成金を交付する制度です。申請の際、耐震改修工事着手前、耐震改修工事完了が年度内のものが対象になるため注意しましょう。

適用条件戸建(木造)、2階以下、接する道路が6m以下
補助金限度額改修に要した額の2/3(上限100万円ただし区内業者施行の場合上限150万円)

なお助成対象建築物の居住者が住民税を滞納していないこと、昭和56年5月31日以前の建築物が条件になります。助成金承認申請時、耐震改修工事完了時、助成金交付決定後とそれぞれ書類が必要になるため、木造住宅の耐震改修助成事業を確認してください。

豊島区緊急輸送道路沿道建築物の耐震改修補助制度

豊島区内の緊急輸送道路沿道建築物の耐震改修を行った際に、助成金を交付する制度です。建築物の条件として昭和56年5月31日以前に建築され、緊急輸送道路沿道の建築物である必要があります。

適用条件緊急輸送道路沿道、 道路の中心から45度の斜線を超える部分がある建物
補助金限度額面積単価により計算した額と改修に要した額のいずれか少ない額の1/3(上限1000万円)

助成承認申請時と耐震改修工事完了時、助成金交付決定後にそれぞれ書類が必要になるため、詳細は緊急輸送道路沿道建築物の耐震改修助成事業でチェックしてください。窓口は都市整備部建築課許可・耐震グループです。