エリア

神奈川県川崎市のおすすめ屋根修理業者を徹底解説!

  • 「遠くから屋根を見たら少しサビついているみたい……肉眼じゃ見えにくいところも見てみたい……」
  • 「屋根修理業者といっても、自力で探すのは結構大変……どの会社が一番良いのだろう……」

たくさんある屋根修理業者から、ご自分にあった会社を選ぶのは大変だと思います。特に、地区により違いのある川崎市。沿岸部の川崎区や住宅街の多い麻生区など、さまざまな場所にある家の屋根に対応できる業者が必要です。

この記事では「屋根修理徹底ガイド スカイアルバム」編集部が紹介する選び方をもとに選定した、おすすめの業者を紹介しています。ぜひ参考にしてください!

記事の最後では、川崎市の補助金制度も紹介していますので、条件が合えば屋根修理がお得にできます。あなたにとって新しい発見があるはずです。

【今すぐわかる】屋根修理業者のカンタンな選び方

屋根修理を行っている業種

各業種ごとの特徴と選ぶときのポイント

業種別特徴まとめ

神奈川県川崎市のおすすめ屋根修理業者5選!

ここからは先ほど紹介した選び方をもとに、神奈川県川崎市で対応してくれるおすすめの屋根修理専門業者を5社ピックアップしました。

ぜひ参考にしてください。ではどうぞ!

1位・屋根修理のすまいるーふ

2位・株式会社ニチメン

  • 安心のトリプル保証でアフターフォローも万全!
  • 建築施工管理技士が在籍で、現場施工も!

会社概要

神奈川県川崎市を中心に屋根工事や防水工事を専門に行うニチメン。塗装技能士などの資格を持っているプロが自社施工を行うことにより、低価格で高品質を実現。防水工事では神奈川県でナンバー1の実績を誇ります。

長期のトリプル保証では、JIOかし保険、最長15年の自社保証にメーカー保証を備えており、万全の体制を整えています。さらに工事中のアクシデントのために賠償保険に加入しているため、アフターフォローにも秀でている会社です。

会社名株式会社ニチメン
住所神奈川県川崎市幸区南幸町2-58-12
電話番号044-556-2361
対応エリア神奈川県川崎市、横浜市全域
HPhttps://nichimen.net/

3位・株式会社 金子塗装

  • 自社施工と誠実な適正価格!
  • 屋根塗装保証とJIOかし保険つき!

会社概要

横浜市を中心に神奈川県全域などで活躍する金子塗装は、屋根塗装を始め、屋根の葺替えや各種カバー工法などの屋根工事にも対応。自社施工の適正価格で、施工から管理まで一貫して行っています。

屋根塗装に関しては、塗料により7年から10年の保証がついているほか、JIOのかし保険が利用できるため、塗装したあとを見据えたアフターフォローや、万が一のための保険など、お客様の立場での提案を実現しています。

会社名株式会社 金子塗装
住所神奈川県横浜市戸塚区戸塚町2021番地1ホーユウパレス戸塚テナント
電話番号045-438-9881
対応エリア神奈川県全域、東京都
HPhttps://kanekotosou.com/

4位・有限会社港北ハウジング

  • 屋根材の葺き替えは10年保証!
  • 毎月の勉強会実施で品質とマナーを向上させている!

会社概要

会社名有限会社港北ハウジング
住所神奈川県横浜市港北区新吉田東4-3-12
電話番号045-533-1017
対応エリア神奈川県、東京都
HPhttps://www.kouhoku-h.com/

5位・株式会社 山田工芸

  • 自社施工で安心10年保証!
  • 業界20年以上の職人直営店で高品質に期待!

会社概要

会社名株式会社 山田工芸
住所神奈川県横浜市中区楠町1−3 BL A横浜西口2F
電話番号0800-111-3551
対応エリア神奈川県全域、東京都一部地域
HPhttps://yamada-kougei.com/

【まとめ】迷ったら屋根修理専門業者に依頼!補助金も活用して費用を抑えよう!

いかがでしたでしょうか。川崎市の方におすすめの屋根修理業者について紹介してきました。頼んでみたい業者は見つかりましたか?

結論としては、迷ったら『屋根修理専門業者』に相談することをおすすめします。皆さんの会社選びが少しでも楽になったら幸いです!

次に、川崎市の補助金や助成金などの支援制度を紹介します。ぜひ確認してみてください。

川崎市の屋根修理補助金・助成金・支援制度の紹介

ここでは、補助金などの制度について紹介していきます。依頼する会社は決まってもかかる費用はおさえたいですよね。川崎市ではどんな制度があるか調べるのは大変ですので、カンタンにまとめてみました。ぜひ参考にしてください!

川崎市木造住宅耐震改修助成制度

川崎市では、昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅で、耐震性が低いものについて、耐震改修費用の一部を助成しています。

より詳しくはパンフレットをご覧いただきますと幸いです。

対象住宅昭和56年5月31日以前に建てられた2階建てまでの木造住宅
木造在来工法のもの(ツーバイフォー工法・パネル工法は対象外)
※職員が建築基準法に適合しているか現地調査を行います。
助成対象工事全体改修工事:(1,2階を点数1.0以上にすること)
部分改修工事:(1階部分のみ1.0以上にすること。
また、1,2階を0.7以上にする工事)

点数が1.0以上が耐震の目安となっています。

次に、助成額は一般世帯と市民税の非課税世帯に分かれています。

助成額一般世帯「精密診断、補強計画」
補助率:2/3 限度額:15万円/戸
「工事監理、補強工事」 
補助率:2/3 限度額:85万円/戸
※部分改修工事の場合 60万円/戸

一般世帯の助成額は補助率2/3ですので、たとえば、精密診断や補強計画で30万かかったとすると、30×2/3で20万円。しかし、限度額が15万円なので、15万円の助成額ということになります。

また、工事に関しても補助率は同じですが、前述の部分改修工事の場合は、60万円が限度額ということになりますので、注意が必要です。

助成額市民税非課税世帯「精密診断、補強計画」 
補助率:3/4 限度額:15万円/戸
「工事監理・補強工事」
補助率:3/4 限度額:135万/戸
※部分改修工事の場合 95万円/戸

こちらは市民税非課税世帯の助成額です。

補助率は診断計画、工事ともに3/4となっており、また限度額も異なります。部分改修工事に関しても、一般世帯より補助額が多いため、上手に活用していきたいですね。

申請の手順

続いては、申請の手順になります。

  1. 市に現地調査を申し込む
  2. 助成金の交付申請を行う
  3. 「交付決定通知書」を受け取り、以後75日以内に助成対象工事に着手する(診断や工事契約などを実施)
  4. 工事着手から4日以内に着手届を出す
  5. 工事完了後、3か月以内に工事完了報告書を提出する
  6. 助成金額確定通知書が交付されるので、確定通知日から30日以内に、交付請求書を提出し、受理。

その他、助成金額に変更が発生した場合は、「助成金交付変更申請書」を市に提出する必要があるので、こちらも注意しておきましょう。

川崎市木造住宅耐震診断士派遣制度

こちらは川崎市が耐震診断を行う診断士を無料で派遣する制度です。

住居の耐久度を知ることができれば、屋根工事の対策を立てることもできますし、上記の木造耐震改修工事の助成とつなげることで、より快適な住まいの実現を目指せます。

対象住宅昭和56年5月31日以前に建てられた2階建てまでの木造住宅
木造在来工法のもの(ツーバイフォー工法・パネル工法は対象外)
※個人の住宅かつ、過去に市の耐震診断制度を利用していないこと

申請の手順

手順をカンタンにまとめました。より詳しくは「案内」をご覧ください。

引用元:神奈川県 川崎市「木造住宅耐震診断士派遣制度 耐震診断の流れ」

耐震診断の申請書を提出後、1か月ほどで診断士の派遣決定通知書が送られてきます。

その後、診断士による住宅の現地調査を行い、結果報告という流れです。

耐震診断の結果、点数が1.0未満だった場合は、建替えや耐震改修工事などを行い、危険を未然に防ぎましょう。