屋根修理

屋根修理の料金相場を解説|30年先を見込んだ修理スケジュール

屋根は数年周期で修理する必要があるため、将来どれくらいの費用が必要になってくるのか計算しておくことが大切です。

ここでは将来的に必要な屋根の修理費用やメンテナンススケジュール、なぜ屋根の修理費用が高くなるのか、修理に利用できる火災保険などをご紹介します。

Contents
  1. 30年後まで掛かる屋根修理の費用
  2. 30年間までの屋根修理メンテナンススケジュール
  3. 屋根材ごとに変わる費用と修理スケジュール
  4. なぜ屋根修理の費用は高くなる?
  5. 100万円以上かかる屋根工事はこちら
  6. 屋根修理費用の支払い方法
  7. 屋根修理費用の支払いの流れ
  8. 屋根修理費用が0円になる火災保険とは?
  9. 火災保険の申請方法
  10. 屋根修理の費用を知るために必要な行動
  11. 修理金額が妥当かを判断する6つのポイント
  12. 屋根修理費用の不安を抱えないために予算計画を立てること
  13. その他屋根修理に関する記事はこちら

30年後まで掛かる屋根修理の費用

屋根の修理はたった一回で終わりではなく、数年周期で修理を行っていかなければいけません。屋根の修理は建物の寿命を30年とした時に約140〜380万円の費用が掛かります。屋根修理の費用を考える時は、まず将来的に掛かる費用がいくら把握しておくことが大切です。

将来的に屋根修理に掛かる費用:約140〜380万円

屋根葺き替え・カバー工法の費用相場:約60〜220万円

屋根塗装の費用相場:約40〜80万円

30年間までの屋根修理メンテナンススケジュール

スケジュール修理項目修理費用
10年目屋根塗装約40〜80万円
20年目屋根塗装約40〜80万円
30年目屋根葺き替え約60〜220万円
※屋根120㎡とした場合
※足場代別途:約20〜25万円

最初の10〜20年は屋根材の塗装を行います。30年目になると屋根材の下に敷設されているルーフィングが劣化してくるので、屋根の葺き替え、またはカバー工法を行う必要があります。

関連記事:屋根の劣化は主に5段階!適切なメンテナンス方法を徹底解説

屋根材ごとに変わる費用と修理スケジュール

屋根修理の工事内容や使用する屋根材により各工事にかかる日数や費用が変わってきます。

ここからは各屋根材や工事内容別に工事にかかる費用や日数の解説をしていきます。

関連記事:屋根修理の工事の流れを解説!計画的にスケジュールを組もう!

化粧スレートの屋根修理スケジュール

スケジュール修理項目修理費用
10年目点検

屋根塗装
無料

約40〜80万円
20年目点検

屋根塗装
無料

約40〜80万円
30年目屋根葺き替え約60〜220万円
※足場代別途:約20〜25万円
※点検:業者によって有料となる場合があります

化粧スレートの耐用年数は約25〜30年です。ただし、屋根材は色あせやコケが生えるため美観が低下します。10年後は点検をして塗装を行うといいでしょう。

関連記事:スレート屋根まるわかり!塗装、屋根材、価格、施工方法で選ぶ屋根リフォーム

ガルバリウム鋼板の屋根修理スケジュール

スケジュール修理項目修理費用
10年目点検

シーリング打ち替え
無料

約900〜1,200円/m
15〜20年目点検

シーリング打ち替え

屋根塗装
無料

約900〜1,200円/m

約40〜80万円
25〜30年目シーリング打ち替え

屋根葺き替え
約900〜1,200円/m

約60〜220万円
※足場代別途:約20〜25万円
※点検:業者によって有料となる場合があります

ガルバリウム鋼板の耐用年数は約25〜30年です。基本的にメンテナンスフリーとなっているので、必要な修理は他の屋根材と比べて少ないですが、定期的に点検とシーリングの打ち替えは行っておいた方がいいでしょう。

関連記事:ガルバリウム鋼板屋根まるわかり!塗装、屋根材、価格、施工方法で選ぶ屋根リフォーム

瓦の屋根修理スケジュール

スケジュール修理項目修理費用
10年目点検無料
20年目点検無料
30年目屋根葺き替え約60〜220万円
※足場代別途:約20〜25万円
※点検:業者によって有料となる場合があります

陶器瓦の耐用年数は約60〜100年と屋根材の中で最も長いです。そのため周期的に点検を行い、その都度に瓦のズレや割れなどの部分補修を行う対応になります。また、セメント瓦は塗装が必要ですので、10〜15年周期で塗装を行うのが一般的です。

関連記事:瓦屋根の修理が必要なサイン3つ!方法別の費用相場・安く抑えるコツ

トタン屋根の屋根修理スケジュール

スケジュール修理項目修理費用
10年目点検

屋根塗装
無料

約40〜80万円
20年目点検

屋根塗装
無料

約40〜80万円
30年目点検

屋根葺き替え 
無料

約60〜220万円
※足場代別途:約20〜25万円
※点検:業者によって有料となる場合があります

トタン屋根の耐用年数は約15〜20年、ガルバリウムを使用している場合、耐用年数はもう少し延びて約25〜30年になります。鋼板の痛みが激しいと塗装してもすぐに剥がれてしまうので、このような状態は葺き替えが必要です。

関連記事:トタン屋根まるわかり!塗装、屋根材、価格、施工方法で選ぶ屋根リフォーム

なぜ屋根修理の費用は高くなる?

屋根修理の費用は他のリフォームと比べると高く感じるかと思います。ここでは、なぜ屋根修理の費用が高くなるのかをお伝えしていきます。

足場の設置が必須

足場は高所作業をする作業員の安全を守るために必ず必要な物になってきます。鋼製のパイプが用いられることが多く、設置方法や設置場所に応じて4種類存在します。

工事面積と使用する足場の種類によって費用が変動してきます。目安の計算式は以下のようになっています。

足場設置費用=1㎡当たりの足場単価×架設面積

費用相場にして約20万円~からと決して安くはないですが、作業員の安全確保、住宅周辺の安全確保のために必ず必要な物になってくるので、費用を抑えたいからといって足場なしでの作業は絶対に無いものと覚えておきましょう。

関連記事:屋根修理に足場は必要?足場なしのメリット&デメリットと費用相場を大公開!

屋根は修理範囲が広くなる

屋根は部分的な修理を行っても屋根全体の耐久性の改善にはなりません。そのため屋根の状態を向上させるには、屋根全体の工事が必要です。屋根の面積数は広いため必然的に工事する範囲も広くなり、工事費用も高くなります。

屋根の葺き替えは工程が多く材料費と人件費が掛かる

  1. 足場組み立て設置
  2. 解体
  3. 野地板張り
  4. ルーフィング敷設
  5. 屋根材葺き
  6. 板金取り付け
  7. シーリング打ち
  8. 足場解体撤去

上記のように屋根の葺き替えは工程が多く、人件費も掛かるため工事費用も高めです。また、アスベストを含むスレート屋根は処分費が通常の屋根材よりも2〜3倍高くなることからも、屋根修理が高いと感じる理由でしょう。

雨樋も交換しなければいけないケースがある

葺き替える屋根材によっては雨樋も交換する必要がでてきます。屋根の厚みが変わると高さが変わり、屋根から流れてくる雨を雨樋が受けなくなってしまう不具合が起きます。このような場合は、屋根の葺き替えと一緒に雨樋も交換する必要がでて、工事費用も高くなります。

100万円以上かかる屋根工事はこちら

はじめに100万円以上かかるであろう大規模な屋根工事の種類や工事内容を詳しくご紹介していきます。

カバー工法(重ね葺き)

重ね葺き工事はカバー工法ともいい、現在の屋根の上に新しい屋根を重ねて設置する工事のこと。重ね葺き工事は屋根材の種類によって費用が異なりますが、おおよその相場はこちらになります。

屋根材の種類費用相場
化粧スレート80万~120万円
ガルバリウム鋼板120万~180万円
ジンカリウム鋼板130万~200万円
アスファルトシングル60万~120万円
トタン75万~110万円

古いスレート屋根にアスベストが含まれている場合、撤去に高額な費用がかかるため重ね葺き工事が採用されることがあります。また下地に劣化が見られず全体的に屋根材表面が劣化している場合におすすめです。

ただし建物の耐震性を確保するために、重い瓦屋根の上に重ね葺きすることはありませんし、新しい屋根材に瓦が選ばれることもありません。

関連記事:カバー工法(重ね葺き)にかかる費用相場は?工事を行うメリットや業者選びを解説

葺き替え工事

葺き替え工事は古い屋根を撤去して、「野地板(のじいた)」と呼ばれる下地や防水シートを交換、新しい屋根を乗せる工事です。

葺き替え工事は屋根工事の中で一番高額になりますが、下地の状態をチェックしたり機能的な屋根材に替えることができます。種類ごとの費用相場はこちらです。

屋根材の種類費用相場
日本瓦120万~220万円
セメント瓦80万~150万円
化粧スレート100万~180万円
ガルバリウム鋼板150万~200万円
ジンカリウム鋼板160万~220万円
アスファルトシングル80万~150万円
トタン80万~120万円

2004年よりも前に建築されたスレート屋根にはアスベストが含まれていることがあります。既存の屋根を撤去する葺き替え工事では撤去費用がこれより高額になることがあります。

関連記事:屋根の葺き替え(張り替え)費用の相場は?施工を安くする方法やメリットを解説

広範囲の雨漏り修理

屋根の数カ所に雨漏りが見られる場合、広範囲の修理となり工事費用が高額になります。特に屋根材の交換が必要な場合は葺き替え費用と同じ80万~200万円前後の費用がかかります。

さらに雨漏り修理では雨漏りの原因を突き止めるための事前調査が必要です。雨漏り調査の費用相場はこちら。

調査内容費用相場
散水調査10万円
発光液調査10万~25万円
赤外線サーモグラフィ―調査20万~30万円

実際の修理金額の他に上記のような調査費用がかかることも覚えておきましょう。雨漏り修理は5万円程度のコーキング補修で済む場合もあれば、100万円以上の大掛かりな工事になる場合もあります。

調査では30坪の住宅で雨漏り修理に100万円以上の金額がかかった割合が4割以上、40坪では3割以上という結果が出ています。意外に高額になりやすい雨漏り修理は、なるべく初期の段階で修理すると費用を抑えられます。

関連記事:雨漏り修理業者の種類と満足できる選び方・修理方法別費用相場を紹介

瓦の葺き直し

瓦屋根の修理に「葺き直し」という工事があります。

瓦は耐用年数が100年以上のものもあり、とても耐久性の高い屋根材です。一方の下地や防水シートの耐用年数は30年ほど。そこで既存の瓦を再利用して下地や防水シートのみを交換し、再び瓦を乗せる葺き直し工事が行われます。

葺き直しにかかる費用は100万円~180万円前後。今までの雰囲気を壊さず下地を一新できるので、日本瓦の屋根におすすめの工事です。

関連記事:葺き直しができる屋根材とは?葺き直しすべき劣化症状3つと工事手順をご紹介!

屋根板金

ガルバリウム鋼板や銅板、ステンレスといった金属屋根の補修は板金が必要になってきます。

屋根板のつなぎ目から雨漏りなどの原因になり、そのつなぎ目から侵入した雨により錆も発生することで劣化が激しくなってきます。

工事内容費用相場
棟板金交換5,000円~7,000円/m
谷樋板金交換4,000円~5,000円/m
水切り板金交換10,000円~15,000円/m
貫板交換6,000円~10,000円/m
庇交換工事5万~30万円/箇所
金属雨どい補修工事2万~10万円/箇所

関連記事:屋根板金や金属屋根の修理の費用相場とは?主な劣化症状&メンテナンス法

屋根塗装

屋根の塗装は劣化を防ぐ役割があります。10年などメンテナンスのたびに塗装を行うことにより、屋根の寿命や耐久性なども伸びるため、メンテンナンスの基本的な方法として有名です。

平均相場約40万~80万ほどで屋根面積により上下していきます。遮熱塗料などを追加することで費用も上がっていくので、予算と照らし合わせて、必要な塗料を選択して依頼してみましょう。

関連記事:屋根塗装工事の費用相場まとめ!納得がいく工事にする為に抑えるポイント5つ

その他修理箇所に関する費用相場の解説記事一覧

マンションの屋根修理徹底解説!工事内容・費用まとめ

マンションで雨漏りが発生したら!5つの対処法と費用負担の判断方法を解説

ベランダ屋根が壊れたら!修理方法別の費用相場&安くするコツ

ベランダの雨漏り放置は危険!早めの対処でマイホームを守る

天井からの雨漏りの原因と応急処置を解説!修理費用と業者の選び方も

ガレージ屋根はDIYで修理できる?業者に依頼する場合の費用相場も解説!

屋根修理費用の支払い方法

屋根修理の支払い方法は業者によって異なりますが、一般的に現金払いとローン払いに分けられます。現金払いは「一括払い」と「分割払い」があり、最近では「キャッシュレス」に対応している業者もいます。

ローンは「リフォームローン」と「キャッシュカードのローン」などがあり、「リフォームローン」は新築購入の住宅ローンと比べて融資額が低いことから、審査が通りやすく手軽に利用できます。

ただし、住宅ローンと比べると金利は高い傾向にありますが、キャッシュカードローンなどの通常のローンのように10%を超える金利に比べたら、リフォームローンは1〜5%程度と低金利です。

関連記事:屋根修理の支払いにローンは使える?リフォームローンの手続きや条件とは

屋根修理費用の支払いの流れ

支払いの流れも業者によって異なりますが、一般的に分割払いは以下のような流れになります。

  1. 契約金:総額の10%程度、契約時に支払う
  2. 着工金:総額の30%程度、工事初日に支払う
  3. 中間金:総額の30%程度、工事半ばに支払う
  4. 完了金:総額の30%程度または最終残金、工事完了後に支払う

工事金額によりますが、額が小さい場合は契約金と完了金の2段階で支払うケースもあります。契約時に全額支払いを求めてくる業者は後々トラブルになる可能性が高いので避けましょう。

ローン払いの流れ

ローンを利用する場合は審査が必要になります。ローン利用時の支払いの流れは以下になります。

  1. 仮審査
  2. 本審査
  3. 本審査通過後、ローン契約を結ぶ
  4. 業者と工事請負契約を結ぶ
  5. 工事着工
  6. 工事完了後、融資実行

工事完了後、金融機関に報告し、工事代金が金融機関から業者に振り込まれます。ただし、金融機関によっては一旦ローン申込者の口座に振り込まれてから、業者へ支払う場合もあるので、支払いがどのような流れで進むか確認は必要です。

屋根修理費用が0円になる火災保険とは?

雹や台風といった自然災害による屋根の修理費用には火災保険が適用されます。加入されていることが条件ですが、加入していることで思わぬ出費にも対応できるので、ぜひ保険を活用しましょう。

火災保険の補償対象

  • 火災
  • 風災
  • 雹災
  • 雪災

上記の自然災害による被害に補償がつき、その他の水濡れや水災などはオプションとなっている場合もあります。

関連記事:屋根修理を火災保険で全額カバーしたい人必見!自己負担を減らす3つの方法とは?

火災保険の申請方法

火災保険の申請は契約者が行わなければいけません。申請の流れは以下になります。

  1. 保険会社に問い合わせ、申請書類を請求
  2. 保険会社による損害状況の確認
  3. 工事業者に見積もり・損害写真を依頼
  4. 申請書類と近況報告書の作成
  5. 提出書類を保険会社に送付
  6. 審査
  7. 審査承認後、保険金の確定・入金
  8. 入金後、工事会社と契約
  9. 工事着工〜完了

火災保険申請に必要な書類

火災保険申請に必要な書類は以下のものがあります。

  • 保険金請求書
  • 事故内容報告書・罹災証明書
  • 工事見積書
  • ※必要に応じて印鑑証明書、建物登記謄本

費用を抑えるために知っておきたい予備知識

補助金・助成金を使って屋根修理をお得に!申請の手順や3つの注意点を解説

屋根修理の費用を知るために必要な行動

ここでは屋根修理の費用を知るための行動についてお伝えしていきます。

インターネットやリフォーム関連の書籍で情報収集する

情報収集はインターネットや新築・リフォーム関連の書籍を活用するといいでしょう。書籍はファイナンシャルプランナーやリフォームのプロが書いていますので信用できる情報です。費用だけでなく、屋根修理についても知っておくと、なぜこれくらいの費用が掛かるのか理解しやすくなります。

屋根修理の費用相場を知っておく

費用相場を知らないと屋根修理に掛かる金額が高いのか安いのか判断することができません。費用相場は業者が提示する額と比較する土台となりますので、ちゃんと屋根修理の費用相場を知っておきましょう。

複数の会社に見積もりをとる

適正価格であるか判断するには複数の業者に見積もりをとることが大切です。相見積もりは修理費用の比較以外に、工事内容などを精査することができます。業者間の見積もりの違いや疑問などがありましたら、遠慮せず聞いておきましょう。

関連記事:屋根修理の見積もりを無料で取るには?業者の探し方&相見積もりの注意点5つ

修理金額が妥当かを判断する6つのポイント

見積書の金額が相場に合った妥当な金額かを判断するにはどうしたらいいのでしょうか?実はチェックすべきポイントがありますので、見積書の内容や業者の対応に気を付けて確認してください。

自社施工業者か

自社施工業者というのは屋根修理を自社の職人が対応できる業者のこと。大手のリフォーム会社では、工事を受注しても実際に工事に来るのは地元の下請け業者の場合があります。

中間マージンが必要で工事金額が高くなるだけでなく、「契約時の工事内容と違う工事をされた」「言ったことが職人に伝わっていない」などのトラブルが発生することも。

見積りを依頼した業者に工事をするのは自社か下請けかを確認して、下請けなら工事費用がもっと下げられる可能性があります。

関連記事:屋根修理リフォーム会社選び8つのポイント!簡単に優良業者を見分ける方法!

見積書の内訳は詳細か

もらった見積書の内訳には、「材料名」・「工事内容」・「単価」・「数量」・「㎡数」などが細かく記載されていますか?これらが詳細に書かれておらず「屋根工事 一式」などと大ざっぱに書かれている業者は要注意です。

どんな材料をいくつ使い、単価はどの位なのかが明確でないと、金額がごまかしやすくなります。一式工事では工事金額を上乗せされている場合もありますので、詳しい内訳を再提出してもらうことをおすすめします。

関連記事:屋根修理を成功に導くカギは見積書!見るべきポイント6つをご紹介

原状を写真や目視で確認したか

点検時や工事完了時に写真で報告してくれたり、実際に屋根に登って確認できる業者がおすすめです。というのも屋根の上というのは実際に住んでいる人でもなかなか目にする機会はありません。

業者だけが屋根に登って点検した場合、不要な工事を勧められることがあります。また原状をキチンと写真に残しておくことで「点検時は気が付かなかった」という追加工事の請求を防ぐことができます。

さらに工事完了時に施主自身がチェックできれば安心です。工事前の写真と見比べながら、どんな工事をしたのか説明してもらうようにしましょう。

極端な値引きや無料サービスがないか

「今契約すれば50万円値引きします」や「今月だけ足場代が無料になります」などの言葉に騙されないように注意しましょう。

明らかな赤字金額で工事を請け負ってくれる業者はまずいません。工事業者は職人の人件費や材料代などを支払わなければならず、残った利益で事務員の給料や事務所の家賃などをねん出します。極端な値引きをしても利益が出るということは、元値はどれだけの利益が上乗せされていたのか?とはなはだ疑問です。

また足場代が無料になるという文言にも気を付けてください。これは急いで契約を取りたい悪徳業者の常套手段です。

実際に足場を組むには15万円~20万円ほどの費用がかかります。良心的な業者ならこれほどの費用がかかる足場代を無料にすることは到底できません。

その他の項目に足場代を無料にしても利益が取れる金額を上乗せしてあることがほとんど。そればかりか高額な修理代を後から請求されることもありますので、足場代無料というセールスは断るか、その場で契約しないようにしましょう。

関連記事:屋根修理詐欺の手口と特徴・契約してしまった後の対応方法と事前対策

工事契約を急かさないか

一人暮らしのお年寄りのいる家に訪問して「傷んでいる屋根を今なら格安で工事します」などと言い、その場で契約させようとする業者には要注意です。なぜなら業者が提示している金額が適正なものか判断できないため。

こちらも悪徳業者の手口の一つで、決してその場で契約しないようにしましょう。「他の家族に相談してから」などと断り、名前を記入したりハンコを押すことはしないでください。

関連記事:屋根修理で注意すべき悪徳業者の手口とは?だまされない7つのポイントも解説

屋根修理費用の不安を抱えないために予算計画を立てること

屋根修理の費用は一回の工事だけで考えてはいけません。なぜなら屋根は数年周期で修理する必要があるからです。

屋根の修理は足場の設置が必須であることと、施工範囲が広くなりやすい工事のため、金額も通常の工事より高くなります。

これから屋根修理を検討している方は将来的にどれくらいの費用が掛かるか計算し、予算計画を立てましょう。

その他屋根修理に関する記事はこちら

屋根修理詐欺に遭ったら!クーリングオフの適用基準や申請手順とは?

7つの失敗例で学ぶ屋根修理を成功させる対策とは?不安を解消する具体的方法も!

【法人必見】修繕費になる屋根修理工事|節税対策に

屋根の修理期間の目安と工期が長くなる5つのケース

台風による屋根修理費用&やるべき5つの行動とは?安くするコツもご紹介!

自分でもできる屋根修理の応急処置法は?業者に依頼する際の費用も教えます!

屋根の耐用年数に応じた修理法とは?法人必見の節税になる算出方法もご紹介!

屋根修理マイスターおすすめの業者3選
  • 屋根修理のすまいるーふ

    すまいるーふバナー画像
    「生涯雨漏り保証」を実施しており、各屋根ごと最適な屋根材や釘・ビスに至るまで、徹底的にこだわり、経験豊富な職人さんが施工を行うことで雨漏りさせない屋根作りを実現!
  • LOVE STYLE

    LOVESTYLEバナー
    葺き替え・カバー工法施工時に「10年保証」の制度を設けています。施工ミスや不具合にも対応できるよう瑕疵保険も完備しており、安心して施工をお任せできます!
  • 屋根の修理お任せ一番

    屋根の修理お任せ一番バナー
    施工完了後も半年後に無償の点検を実施!その後も定期点検を行い不具合箇所があれば都度対応をしてくれます!メーカー保証10~30年以上の年数の耐久性を保ちます!