屋根修理

屋根を部分補修する目的!自分でもできる?費用相場・注意点を解説

屋根を部分補修するのにも、どのくらいの劣化・損傷に対応できるのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。また同時に部分補修程度なら、自分でも解決できそうな気もしてくるでしょう。

しかし、思っているよりも屋根の部分補修は簡単なことではありません。誤った行動に後悔しないよう、屋根の部分補修の目的を知ることが大切です。

この記事では、屋根の部分補修が必要となる症状や施工費用、注意点を解説します。部分補修のメリット・デメリットを事前に把握することで、屋根にとって必要な修理方法を見つけることができますよ!

ぜひ参考にしてみてください。

屋根を部分補修する目的

屋根を部分補修する目的は、劣化が症状が見られる部分を早急に補修することで全体的な劣化を食い止めることです。重ね葺きや葺き替えなど屋根全体を修理・補修するとなると、高い費用が発生してしまいます。

ただし、小まめに屋根の劣化状況を確認し修理を行うことで、激しい劣化を防ぎ少しでも寿命を長くすることが可能なのです。

屋根を部分補修にかかる費用相場

部分補修にかかる費用は、修理部位や屋根材によって異なります。ただし部分補修の多くは、1~40万円程度で収められることがほとんどです。素材別の部分修理費用は、以下のとおりになります。

瓦屋根の場合

瓦屋根の修理方法1枚・1㎡単位
ひび割れの修理5,000円
瓦の交換9,000円
漆喰の修理10,000円
棟の積み替え6,000円

スレート屋根の場合

スレートの修理方法1枚・1㎡単位
ひび割れの修理5,000円
スレートの交換8,000円
棟の交換5,000円

屋根を部分補修がおすすめの人 

屋根修理にはさまざまな方法があります。屋根の劣化が確認できたとき、どのような施工方法を選べばいいか悩む人も多いでしょう。そこで、屋根の部分補修がおすすめな人を紹介します。

出来るだけ費用を抑えたい

屋根修理における費用を最小限に抑えたい人は、部分補修が適しています。上記でも伝えているとおり、部分補修の多くは1万円~40万円程度で収められることがほとんどです。

費用を安く抑えられるのは、劣化している部分のみを補修するからです。一方で、重ね葺きや葺き替えの場合は、屋根の劣化状況によっては数百万円に及ぶこともあります。屋根を少しでも安く劣化を解消したい人には屋根部分補修がおすすめです。

修理工事の日数を短くしたい

屋根部分補修は、修理工事における日数を短くできるのも大きな特徴です。ひび割れなど劣化状況にもよりますが最短1日で終わるものもあります。そのため、修理の工事日数を短くしたい人には屋根部分補修が最適です。

修理の工事日数を短くすれば、すぐに劣化を改善できることはもちろんのことご近所に迷惑をかけないか心配することも不要になります。屋根部分補修の大きなメリットだといえるでしょう。

雨漏りを防ぎたい

屋根部分補修は、屋根のひび割れを埋めるコーキング補修や壊れた瓦を差し替えるなど、劣化した部分をピンポイントで補修できます。ひび割れや瓦の破損をそのまま放置すると、その後雨漏りに繋がる可能性も高いです。

そのため、屋根の劣化を早急に対処することで雨漏りを防止できます。屋根全体に激しい劣化は確認できず雨漏りだけを防ぎたいと考えるなら、屋根部分補修を検討するのが望ましいでしょう。

屋根を部分補修のデメリットはある?

費用が安かったり修理工事が短くなったりなど屋根部分補修には多くのメリットがあります。ただ一方で、デメリットがあることも事実です。デメリットもしっかり踏まえて依頼するか検討しましょう。

他部位に悪影響を与える可能性がある

屋根部分保証のデメリットの一つに他の部位に悪影響が出ることが考えられます。例えばある部分を補修したにもかかわらず、その他の部分への負担が増して雨漏りが発生することもあるのです。

この場合は再度部分補修が必要になるので、さらに費用がかかることもあります。このように部分的な劣化が見られたときは、その都度補修が必要になることもあるのです。結果的に重ね葺きや葺き替えよりも高くなる場合もあるので、十分に検討する必要があるでしょう。

修理部分が目立ってしまう

屋根部分補修は、ピンポイントで修理を行うため一部分だけキレイになります。そのため、修理部分だけが目立ってしまい、遠目から見たときに浮いてしまうことがあるのです。

家が建ってから時間が建っている場合は、経年劣化で屋根全体に色あせが見られることも少なくありません。一部分だけ新品の瓦を取り付けたり補修したりすることで、外観が変わることがあるのです。屋根補修後の完成図をしっかり想像して、部分補修を行うか決めるのが望ましいでしょう。

屋根の部分修理で注意すべきこと

屋根部分補修を初めて行う人は分からないことも多いでしょう。ただ、自己判断でDIYしたり悪徳業者と契約したりすると大きな問題に発展することもあります。屋根の部分修理で注意すべきことをチェックしていきましょう。

自分で部分補修をするのはNG

屋根に小さなひび割れがあった場合、材料さえ揃えれば自分で部分補修を行えます。自分で補修することで費用を格段に抑えられるため、自己判断でDIYする人も少なくありません。

ただし、経験や知識がない人が部分補修を行うと他の部分まで傷つけたり破損させたりして雨漏りを引き起こしてしまう可能性もあります。また屋根に登って修理を行うので、何かの拍子に落下して大きな事故に繋がるケースもあるかもしれません。

費用は最小限に抑えられますが、さまざまなリスクを抱えることになるので自分で行うのはあまりおすすめできません。屋根の点検や見積もりは無料で提供する業者も多いので、まずは相談してみることがおすすめです。

補修する部分に合わせた業者を選ぶ

屋根部分補修は、雨漏りや屋根塗装、板金の補修などさまざまな種類があります。補修する部位によって依頼する業者も変わってくるので、適した業者を選ばなければいけません。業者を選ぶ基準は以下のとおりになります。

  • 雨漏りは「雨漏り補修・防水業者」
  • 屋根塗装なら「塗装業者」
  • 棟板金の補修は「板金業者」
  • 屋根の構造部分の補修は「大工」

基本的には修理部位に合わせた専門業者を選ぶことが望ましいですが、中には全てを網羅する業者も存在します。複数の部位を部分補修したい場合は、全て一括で補修できる業者を選ぶのも一つの方法です。ただし、この場合は費用が少し高くなる傾向にあるので十分に検討しましょう。

悪徳業者は絶対に選ばない

残念ながら、屋根補修の業者の中には悪徳といわれる業者も存在します。もし悪徳業者を選んでしまうと十分な補修をしてくれず劣化状況がさらに悪化したり、追加で高い費用を請求されたりなどトラブルに巻き込まれることがあります。

そのため信頼できる業者を選ぶことが大切です。ただ初めて部分補修する人は、何を基準に選べばいいか分からない人も多いはずです。次の段落で悪徳業者を見極めるポイントを紹介しているので、ぜひ参考にしましょう。

悪徳業者を選ばないためのポイント

悪徳業者を選ぶと、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性もあります。選ぶポイントを押さえて悪徳業者を選ばないように注意しましょう。

営業訪問に来る業者は避ける

自宅にいきなり訪問してくる業者は、悪徳業者の可能性が高いので注意しましょう。良質な業者であれば口コミが広がり依頼が途切れないので、わざわざ営業訪問する必要はありません。営業訪問が必要なのは、新規の仕事が取れていない証拠です。

また良質な業者の場合は、突撃訪問のように依頼者の迷惑になるようなことはしません。魅力的な言葉を並べて契約まで持ち込む業者もいるので、その場の空気に流されて契約してしまわないように注意しましょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

初めて部分補修修理を行う人は、費用相場が分からない人も多いでしょう。業者によって費用設定も変わるので、少し手間はかかりますが複数の業者に見積もりを依頼することがおすすめです。

多くの業者では点検や見積もりは無料で行ってくれるところも多いです。費用はもちろんのこと作業者の対応やサービス面も確認できます。自分に合う業者を総体的に判断できるので、気になる業者を複数探してみましょう。

多くの実績を誇る業者である

実績の高いを確認することも悪徳業者を見極めるひとつの方法です。部分保証における実績の高さは、1,000件以上の実績を目安にしましょう。業者における実績の高さは、これまで数多くの屋根補修してきた証拠です。

実績のない業者は工事に失敗したり雨漏りが起きたりなど、さまざまなトラブルを引き起こすこともあるかもしれません。多くの実績を持つ業者はホームページに記載があることも多いので、まずは確認してみましょう。もし記載がない場合は、直接業者に確認することをおすすめします。

部分補修以外も検討したい工事方法

屋根修理は、部分補修以外にも重ね葺きや葺き替えなどがあります。屋根の劣化状況に合わせて最も適した工事方法を選びましょう。

1.重ね葺き(カバー工法)

カバー工法とも呼ばれる重ね葺きは、既存の屋根の上に新しい屋根材を重ねる施工方法のことです。施工費用が安く工事期間が短いのが特徴。また、屋根材が2重になることにより断熱や防音の効果が高まるのも重ね葺きの大きな魅力でしょう。

ただ一方で、屋根全体が重くなるデメリットもあります。屋根が重くなることで耐震性も低下するので、地震の多い日本では少し懸念が残るところです。また、重ね葺きは内部補修を一切行わないので劣化が激しい場合は適しません。この場合は次に紹介する「葺き替え」を検討しましょう。

2.葺き替え

葺き替えは、依存の屋根をすべて取り外して新しい屋根を取り付ける施工方法のことです。重ね葺きと混同されることも多いですが、葺き替えは既存の屋根をすべて取り外すので施工方法は大きく異なります。また屋根を一新できるだけでなく、軽量な屋根材を選べば耐震性も高められるのも大きな魅力です。

ただし、葺き替えは既存の屋根を取り外すので費用が高くなる傾向にあります。また既存の取り外しや新しい屋根の取り付けなど工事日数が長くなるので工事中に雨漏りが発生してしまうことも。この点をしっかり考慮する必要があるでしょう。

屋根部分補修とその他の修理方法を使い分けるのが大切!

屋根全体ではなく、ひび割れや破損など部分的な劣化が見られることもあるでしょう。重ね葺きや葺き替えなど屋根全体を補修することもできますが、費用が高くなることもあります。

ピンポイントで屋根の劣化を補修したいなら、費用を抑えられる部分補修を検討しましょう!

屋根修理マイスターおすすめの業者3選
  • 屋根修理のすまいるーふ

    すまいるーふバナー画像
    「生涯雨漏り保証」を実施しており、各屋根ごと最適な屋根材や釘・ビスに至るまで、徹底的にこだわり、経験豊富な職人さんが施工を行うことで雨漏りさせない屋根作りを実現!
  • LOVE STYLE

    LOVESTYLEバナー
    葺き替え・カバー工法施工時に「10年保証」の制度を設けています。施工ミスや不具合にも対応できるよう瑕疵保険も完備しており、安心して施工をお任せできます!
  • 屋根の修理お任せ一番

    屋根の修理お任せ一番バナー
    施工完了後も半年後に無償の点検を実施!その後も定期点検を行い不具合箇所があれば都度対応をしてくれます!メーカー保証10~30年以上の年数の耐久性を保ちます!