屋根修理

屋根修理で足場なしは可能?足場設置にかかる費用相場や修理の目安時期

屋根修理において設置される足場。職人の安全性を高めたり作業効率を上げたりなどさまざまな目的のもと設置されます。

ただ足場の設置には費用がかかるので、足場なしでも修理ができるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。この記事では、足場の設置なしでも屋根修理は行えるのかについて解説します。

屋根修理で足場なしは可能なの?

結論からいうと、屋根修理において足場なしで行うケースはほぼありません。なぜなら、厚生労働省が策定した安全基準法にも下記の通り記載されているからです。

労働安全衛生規則(作業床の設置等)第五百十八条

事業者は、高さが二メートル以上の箇所(作業床の端、開口部等を除く。)で作業を行なう場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、足場を組み立てる等の方法によ り作業床を設けなければならない。

2 事業者は、前項の規定により作業床を設けることが困難なときは、防網を張り、労働者に要求性能墜 落制止用器具を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。

引用元:労働安全衛生規則

ただし、下記に該当する場合は足場なしで屋根修理が行われることもあります。

  • 高さが2m未満の屋根修理工事
  • 高所作業車を使った屋根修理工事
  • 平坦で勾配のない屋根修理工事
  • 足場の設置が困難な屋根修理工事

しかし、実際に屋根修理の作業する職人の安全が第一に考えられているため、例外でない限り該当するケースはほぼありません。

屋根の修理に足場なしが難しい理由

安全基準法に定められている足場の設置ですが、なぜ必要なのでしょうか。屋根の修理で足場なしが難しい理由を解説します。

職人の安全を確保できない

足場なしで屋根修理を行うのが難しい理由は、実際に作業を行う職人の安全を守るためです。2階建ての住宅の場合、床から屋根までの高さは7m~9mほどあります。

その高さで屋根の修理を行うので、足場を設置しないと安全に施工できません。また、職人の安全を守るだけでなく、依頼者の安全を守る目的もあります。

足場を設置すれば、足元が安定して体全体のバランスを保ちやすくなるため、体勢を崩したり工具を落としたりするリスクが軽減されます。結果的に落下物による事故も防止できるので、依頼者の身も守れるのです。

作業効率が上がらない

屋根修理で足場を設置しないと、職人の作業効率が上がらないこともいえます。なぜなら安定しない足元に気が取られるため、施工にムラが出たり品質が低下したりするおそれがあるのです。

また、足場がないと移動にも時間がかかるので施工が思い通りに進まないこともあります。足場を設置すれば、足元も安定するため職人の安全を確保しながら作業効率も向上。

職人は、作業に集中できるので品質の向上も期待できます。作業効率が上がれば、工事が長引くこともないので結果的に屋根修理の費用を抑えられます。

修理における被害を抑えられる

足場の設置は、屋根修理で依頼者への被害が及ぶのを抑えられる効果もあります。屋根修理には、塗装や屋根材の張り替えなどさまざまな修理方法があります。

足場がないと職人は身の安全を守ることに必死になるので、ふとした拍子に塗料が周囲に飛び散ったり工具が落下したりすることも。

それが原因でお隣の車に塗料や工具が落ちてトラブルに発展する可能性もあります。足場を設置すれば作業を行う過程で飛散防止シートを取り付けるので、塗料の飛散や工具の落下を最小限に抑えられるのです。

足場ってどんな種類があるの?費用相場は?

実は足場にはさまざまな種類があります。ここからは、足場の種類とそれぞれの費用相場について解説します。足場の種類によって費用も異なるのでぜひ参考にしましょう。

くさび緊結式足場

まず1つめが、ブラケットといわれる金属製の棒金具を組み立てて足場を設置する「くさび緊結式足場」です。一般的に建築でよく用いられる足場の種類で、ハンマーがあれば設置できるのが特徴

時間をかけずに足場の組み立てや解体が行えるので、職人の負担が少ないのも魅力です。ただし、足場の組み立てや解体ではハンマーを使用するためカーンっという大きな音が鳴ります。

足場を組み立てている間は、ご近所に迷惑がかかる可能性もあるので注意が必要です。また、くさび緊結式による足場の設置には十分なスペースが必要になるので、狭い場所で組み立てられません。

単管ブラケット足場

2つめは、単管パイプといわれる細長いパイプをブランケットで固定して組み立てる「単管ブラケット足場」です。くさび緊結式足場と異なり、十分なスペースを確保できなくても設置できるため狭い場所で重宝される足場の種類になります。

また、金具を使用してしっかり足場を組み立てて行くので強風の日も揺れず、職人の安全を守れるのも大きな特徴です。

ただ金具で足場を組み立てて行くので強度は強いですが、設置に時間がかかるのが少し懸念点です。費用面でもくさび緊結式足場より少し高い傾向があります。

単管足場

3つめは、単管といわれる直径48.6mmの鉄製パイプで組み立てる「単管足場」です。歴史が最も古い足場の設置方法で、従来はほとんどのケースで単管足場が用いられました。しかし、2本のパイプだけで足場を組み立てて行くため、足元が少し不安定なところがあり安全面が懸念されます。

ただ一方で、狭いスペースでも組み立てられるので単管ブラケット足場でも難しい場合に使用されることが多いです。足場の費用は、他の足場設置方法に比べて比較的安い傾向があります。

4つの足場種類別の費用相場を解説!足場費用が変わる5つの理由とは? 屋根修理や外壁工事をするには仮設足場の設置が欠かせません。足場の種類によっては設置できる場所が限られていたり、設置費用が異なったりする...

種類別の費用相場

屋根修理にかかる費用は、足場の種類でも大きく異なります。ここでは、1㎡にあたりにかかる足場設置の費用を下記にまとめました。

  • くさび緊結式足場(約800円~1,500円)
  • 単管ブラケット足場(約800円~1,000円)
  • 単管足場(約800円~850円)

実際にかかる費用は、「㎡単価×足場の架面積」で計算できます。架面積とは足場の外側の面積のことで、おおよその費用を算出できます。ただし明確な費用を知りたい人は、業者に見積もりを依頼することがおすすめです。

屋根修理の足場費用を安くする4つのポイントを解説!足場費用の相場も教えます 屋根修理の見積もりを見ると「足場費用」という項目が記載されています。10万~20万円する足場費用を見て「これってもっと安くならないの?...

足場の費用が高くなるケース

屋根修理は決して安くないので、少しでも費用を抑えたいと考える人も多いです。ただ状況によっては足場の費用が高くなることがあるのです。そこで足場の費用が高くなるケースを紹介します。

運搬費がかかる場合

隣の家との間が狭かったり敷地内に車を止められなかったりする場合は、足場の費用が高くなる可能性があります。なぜなら、人運びによる運搬が必要になるからです。

また、敷地の入り口から自宅までの高低差がある場合も要注意です。すべての資材を運び終えるまでに時間がかかるため、足場の費用が高くなる可能性が高いでしょう。

屋根の勾配が高い場合

屋根の傾斜が5.5寸以上の場合は、足場費用が高くなりやすいです。勾配が高い屋根修理で足場の費用が高くなるのは、屋根足場の設置がが必要になるからです。

屋根足場とは、その名の通り屋根にも足場を組み立てることです。勾配が高いと屋根の天辺まで資材を運ぶのが難しくなるため、屋根足場を設置して足をかけて登れるようにします。外壁とともに作業を進めて行くので設置や解体には1日かかることがほとんどです。

日本家屋の場合

日本家屋は現代の自宅構造と異なり、屋根下があります。屋根下とは、部屋に直せ越日光が当たらないように主屋根より一段下がった屋根や空間のことです。

日本家屋は複雑な構造なので、足場を設置する際も資材が多く必要になります。その結果、足場設置にかかる費用が高くなるのです。

また、主屋根と同様に屋根下も定期的なメンテナンスが必要で、劣化した状態で放置すると雨漏りや壁から雨水が入り込み家にダメージを与えることも多いので十分な注意が必要になります。

足場の費用が0円になるケースもある!

多くの屋根修理では、足場なしで工事が進むことはありません。ただ、場合によっては屋根工事における足場費用が0円になることがあるのです。そんな例外が起こるのは、火災保険が適用されるケースになります。

火災保険とは、風災や火災などの損害を補償してくれる保険のことです。日本は台風の発生頻度も高いので強風で屋根が破損することもあるでしょう。

そんなときは、火災保険の対象になるので0円で屋根修理を行うことが可能なのです。ただし、破損が経年劣化であることが証明されたときは保険が適用されないこともあるので注意しましょう。

屋根修理の足場設置で注意すべきこと

足場設置に時間がかかると費用が高くなってしまう可能性もあります。ここでは、足場設置における資材運搬から組み立てまでスムーズに行うために依頼者が注意すべきことを紹介します。

庭にある植木鉢や荷物は端に寄せておく

庭に鉢植えやプランター、荷物などを置いていると、資材運搬や足場設置の邪魔になる可能性があります。また、作業中に資材などが当たり傷つけたり破損したりするおそれもあります。

トラブルを回避したいなら、あらかじめ足場が設置できる十分なスペースを空けておくことがおすすめです。職人も作業がしやすくなり、作業効率も上がるでしょう。

屋根修理があることを近隣に説明しておく

屋根修理で足場を組む場合、職人の出入りや設置の音で近隣に迷惑をかけるおそれがあります。また、屋根工事に必要な十分スペースが敷地内で物足りないときは、隣の敷地から場所を借りることもあります。

ご近所トラブルに発展する可能性もあるので、事前に挨拶回りをして説明しておきましょう。事前に了承を取れていれば、大きな問題に発展することはありません

何度も訪問するのはご近所の迷惑になることもあるので、工事日程や作業時間など情報がまとまってから説明に行くことが望ましいです。

劣化が目立ってきたら屋根修理を検討しよう! 

火災保険が適用されるなどの例外以外、基本的に屋根修理で足場なしで工事を行うことはほぼありません。依頼者に費用の負担がかかりますが、職人の安全や作業効率を上げるなど足場の設置は重要な役割を担っているのです。

ただし、足場設置に費用が発生するからといって屋根の劣化を見過ごすのはよくありません。劣化を放置すると場合によっては自宅の劣化まで繋がるおそれもあります。屋根の劣化に気づいたら、早めに屋根修理を検討するのが望ましいです。

屋根修理マイスターおすすめの業者3選
  • 屋根修理のすまいるーふ

    すまいるーふバナー画像
    「生涯雨漏り保証」を実施しており、各屋根ごと最適な屋根材や釘・ビスに至るまで、徹底的にこだわり、経験豊富な職人さんが施工を行うことで雨漏りさせない屋根作りを実現!
  • LOVE STYLE

    LOVESTYLEバナー
    葺き替え・カバー工法施工時に「10年保証」の制度を設けています。施工ミスや不具合にも対応できるよう瑕疵保険も完備しており、安心して施工をお任せできます!
  • 屋根の修理お任せ一番

    屋根の修理お任せ一番バナー
    施工完了後も半年後に無償の点検を実施!その後も定期点検を行い不具合箇所があれば都度対応をしてくれます!メーカー保証10~30年以上の年数の耐久性を保ちます!