屋根修理

屋根の修理塗装に適した時期は?施工の価格相場や費用を安く抑える方法

屋根の色あせやひび割れが気になる…こんな悩みを抱えている場合、屋根塗装の修理を検討している人もいるはず。

ただ、初めて屋根塗装の修理をする人は分からないことも多いのではないでしょうか。この記事では、屋根塗装の修理における価格相場や費用を安く抑える方法を紹介します。

塗装工事で期待できる屋根修理の効果

塗装工事で得られる効果は、外観をキレイに維持できるだけではありません。例えば、塗装工事にはサビの発生を抑制する働きがあります。サビを抑制できる理由は、塗料を屋根に塗布する前にサビ止めを塗るからです。

塗装工事が必要な場合、屋根の塗装が剥がれていることも少なくありません。塗装が剥がれるとサビも発生しやすくなるので、屋根の劣化を防ぐには塗装工事で修理をするのが望ましいです。

また、塗料には屋根材を雨や湿気などの水分から守る働きもあります。屋根の塗料が剥がれると防水性の機能も劣るため、屋根材を守るための十分な防水効果は発揮されません。

そのまま放置しておくと内部の屋根材まで劣化が進み、場合によっては雨漏りの原因になることもあります。最後は、遮熱性や断熱性を強化できることです。

屋根に塗布する塗料は数多くの種類があり、その中には遮熱性や断熱性を高める成分が含まれているものもあります。塗装工事のタイミングで遮熱塗料や断熱塗料を使用することで、室内の温度を調節し快適に暮らせる環境を手に入れられます。

屋根塗装のタイミング

屋根塗装の必要性を感じつつも実際にどのようなタイミングで行うべきか悩む人も多いのではないでしょうか。一般的に屋根塗装に適した時期は、10年が目安だといわれています。

ただ屋根は常に紫外線や雨など外的要因に大きな影響を受けているため、年数だけで判断するのは困難な場合も多いです。ここからは、屋根塗装を検討すべきタイミングを紹介します。

屋根の色あせ

屋根塗装の修理が必要な時期は、屋根材の表面に色あせが出始めるころです。色あせは劣化の初期段階に現れる症状で、そのままの状態で放置すると屋根材の劣化を進めてしまう原因になります。

通常、家を建ててか数十年が経過すると、自然と屋根の色あせが出始めます。ただし、塗料修理の頻度や屋根材の種類によって耐用年数も大きく異なります。

年数では判断できなこともあるため、定期的に目視で確認して劣化状況を確認するのが望ましいでしょう。

コケやカビが発生している

家の築年数が古くなると、屋根に発生しやすくなるコケやカビ。特に粘土板岩の薄板を使用したスレート屋根はコケやカビが発生しやすいため、定期的な確認が欠かせません。

また、日当たりの悪い部分だけコケやカビが生えることもあるので環境によっても大きく左右されるところがあります。しかし、コケやカビをそのまま放置すると外観を損なうだけでなく悪臭の原因になることも。

屋根の劣化状況では高圧洗浄で除去できることもありますが、劣化がひどい場合は屋根塗装を検討することが必要です。

屋根のひび割れ

家は築年数が5年頃から徐々に劣化が始まり、10年を過ぎるとひび割れの症状が現れ始めます。ただ自宅周辺の環境や使用されている屋根材によってひび割れが起こる時期も異なるため、定期的に確認しておくことが大切です。

ひび割れが起こる原因は、天候によって屋根材が拡張したり収縮したりなど変化を繰り返し、それに耐えられなくなるからです。

塗装修理が必要な症状は、0.3㎜以上のひび割れです。この大きさのひび割れを放置すると、最終的に雨漏りの原因になるので早急に工事を行うことが望ましいです。

塗膜の剥がれ

塗装の剥がれは、屋根表面の塗膜が剥がれた状態のことです。塗装の寿命は、一般的に5年~10年だといわれています。屋根は常に太陽や雨の影響を受けるため、場合によっては寿命の日数よりも早く劣化が進むこともあるので注意しましょう。

ただ塗装の剥がれは経年劣化ではなく、施工不良によって起こることもあります。屋根塗装を行なってから1年~2年で塗膜が剥がれたときは、施工不良の可能性が高いです。

施工不良は塗装の選定ミスや下地の強度不足などが考えられます。塗装を依頼した業者に確認してみましょう。

屋根の錆び

屋根の経年劣化が進むと、全体が腐食した状態になります。屋根の錆は、トタンやガルバリウム、スチールなど金属製の屋根材でのみ発生します。

初期症状であればブラシで擦れば簡単に落ちるので、錆をしっかり除去してから塗装工事を行うのが一般的な流れです。

錆は放置すると屋根材に穴を開けて、屋根材そのものの交換が必要になることもあります。錆を見つけたら「まだ大丈夫だろう」と自分で判断せずに、プロの業者に判断を仰ぎましょう。

屋根修理を目的とした塗装の価格相場

屋根塗装における価格相場は、屋根材や塗料の種類、依頼する塗装業者によって大きく変わります。ただ、一般的な2階建ての住宅(屋根面積がおよそ20坪)における費用相場は40~60万円といわれています。

この費用相場は一つの目安でしかないので、明確な金額を知りたい場合は塗装業者に見積もりを依頼するのが望ましいでしょう。屋根塗装における事例を下記に紹介します。屋根の塗装工事を依頼する際の参考にしましょう。

20坪・トタン屋根・シリコン塗料使用の場合

足場設置35,000円
高圧洗浄10,000円
養生10,000円
下地調整10,000円
下塗り50,000円
中塗り50,000円
上塗り50,000円

40坪・スレート屋根・シリコン塗料使用の場合

足場設置56,000円
高圧洗浄16,000円
養生16,000円
下地調整16,000円
タスペーサー33,000円
下塗り64,000円
上塗り80,000円

屋根修理の塗装費用を抑える方法

屋根塗装の修理は決して安いわけではないため、費用を少しでも抑えたいと考える人も多いでしょう。ここからは、屋根の塗装費用を最小限に抑える方法を紹介します。

金額が高い塗料のほうが安くなる

屋根塗装は、定期的に行う必要があります。塗装にかかる費用を抑えたいなら、長期的な視点で塗料の種類を検討しましょう。なぜなら、アクリルやウレタン、シリコンなど塗料によって耐用年数も大きく変わるからです。

耐用年数が長くなるほど費用も比例して高くなる傾向がありますが、長い目で見ると費用が高くても耐用年数が長いほうが長持ちすることもあります。

結果的に安上がりになることも多いので、トータルのメンテナンス費用を把握して塗料を慎重に選びましょう。

外装と合わせて屋根塗装する

屋根塗装を行うときは、外壁と合わせて工事を依頼するのがおすすめです。なぜなら、屋根塗装をする場合は、工事スタッフの安全を保障するための「足場」の設置が必要になるからです。

屋根と外壁では劣化の進み具合も異なるので、別々で工事を行う人も少なくありません。しかし、分けて工事を行うと足場設置にかかる費用も2倍になるので発生する費用も高くなります。

また屋根と外壁がセットになることで安い価格で請け負う業者もあるため、結果的に費用を抑えることが可能です。

塗装の専門業者に依頼する

塗装の工事は、ハウスメーカーや工務店など依頼できる方法はいくつかあります。ただハウスメーカーや工務店に依頼する場合、実際に工事を行うのは塗装専門の業者です。

間にハウスメーカーや工務店など仲介業者を挟むことで、手数料が上乗せされます。仲介業者の手数料は工事費用の20%~30%が一般的です。塗装工事の費用を少しでも抑えたいなら、直接塗装の専門業者に依頼するほうがお得だといえます。

複数の業者に見積もりをとる

塗装の専門業者に依頼することを決めたら、まずは複数の業者に見積もりを依頼しましょう。業者によって設定価格は異なることも珍しくありません。特に、初めて塗装をする人は塗装工事にかかる費用の目安が分からない人も多いはずです。

無料で屋根塗装の見積もりを作成してくれる業者もあります。費用目安を理解するためにも複数の業者に見積もり作成を依頼するのがおすすめです。そして、費用だけでなくサービス面もしっかり確認してどの業者を選ぶかを決めましょう。

屋根の修理塗装でよくあるQ&A

初めて屋根塗装を検討する人は、分からないことも多いでしょう。ここでは、屋根塗装でよくある質問をまとめました

疑問や不安をしっかり解消して依頼するか決めましょう。ここで解消されない疑問は直接業者に聞くことをおすすめします。

塗装の種類によって見た目に違いはある?

アクリルやウレタン、シリコンなど塗料にはさまざまな種類があります。それぞれ費用も異なるので、屋根の見た目に違いが出ないか気になる人も多いはず。結論からいうと、塗料で見た目に差が出ることはほぼありません

違いが出るのは、塗料の耐久性や機能だけです。例えば耐熱性や遮熱性が含まれる塗を選べば費用は少し高くなりますが、家の中でも快適に暮らせる環境を整えられます。見た目だけなく耐久性や機能性も考慮して塗料を選ぶことが大切です。

水性系と油性系はどちらがいいの?

塗料にはアクリルやウレタンなど一般的な種類のほかに、水性系と油性系の2種類があります。油性はいわゆるシンナーは含まれる塗料のことで、シンナーの独特の臭いが残るのが特徴です。油性系は臭いに難はありますが、耐久性に優れているので積極的に使用されてきました。

ただ、シンナーに含まれるホルムアルデヒドが人体に与える悪影響が問題視され、シンナーを含まない水性系の塗料が開発されたのです。特に小さな子供がいる場合は、体への影響を考えて水性系の塗料を選ぶのが好ましいでしょう。

塗料のツヤありとナシの違いって?

屋根塗料の中には、ツヤありとツヤなしがあります。外観の印象を変えるので、自分の好みで選ぶのもいいでしょう。しかし、機能面を考えるならツヤありの塗料を選ぶのが望ましいです。

なぜなら、ツヤありのほうが親水性と防汚性の機能に優れているからです。親水性は水への親和性が高い性質のことで、雨が降った時の水と屋根材の接触面を最小限に抑えられる特徴があります。

いわゆるコーティングのような機能があり、雨などの水から劣化を防いでくれるのです。防汚性は汚れが付着しにくい性質のことで、空中に舞う埃やゴミが溜まりにくくなります。掃除も楽になるので、親水性や防汚性を考えるなら塗料はツヤありがおすすめです。

屋根塗装にかかる期間はどれくらい?

屋根塗装を行う場合、一般的に11日~2週間ほどかかるといわれています。ただ雨が降り屋根が濡れている状態では作業を進めらず、表面が乾くまで作業が中断することも。

結果的に、雨の日が続くと工程が延長されてスケジュールが遅れることもあります。思いもよらず天候が変わることもあるので、余裕を持ってスケジュールを組んでもらいましょう。

安く抑えたいなら外装と一緒に屋根塗装する! 

屋根塗装にかかる費用は決して安くありません。そのため、塗装工事の費用を少しでも抑えたいと考える人も多いことでしょう。そんなときは、外装と一緒に屋根の塗装を行うのがおすすめです。

それぞれ劣化の進行具合は異なりますが、一緒に塗装工事を行うことで結果的にメンテナンス費用を抑えられることもあります。長期的な視点で計画を立てることが大切になるでしょう。

屋根修理マイスターおすすめの業者3選
  • 屋根修理のすまいるーふ

    すまいるーふバナー画像
    「生涯雨漏り保証」を実施しており、各屋根ごと最適な屋根材や釘・ビスに至るまで、徹底的にこだわり、経験豊富な職人さんが施工を行うことで雨漏りさせない屋根作りを実現!
  • LOVE STYLE

    LOVESTYLEバナー
    葺き替え・カバー工法施工時に「10年保証」の制度を設けています。施工ミスや不具合にも対応できるよう瑕疵保険も完備しており、安心して施工をお任せできます!
  • 屋根の修理お任せ一番

    屋根の修理お任せ一番バナー
    施工完了後も半年後に無償の点検を実施!その後も定期点検を行い不具合箇所があれば都度対応をしてくれます!メーカー保証10~30年以上の年数の耐久性を保ちます!