エリア

函館市でおすすめの屋根・雨漏り修理業者3選!実績と費用例を掲載!

函館市屋根修理
  • 「雨漏り修理を頼んだけど、すぐにまた壊れた!良い屋根修理業者はどこだろう」
  • 「雪の対策兼ねて屋根の点検をしたいけどどこに依頼すればよいか分からない」

今回の記事ではこのような悩みを解決します。

函館市や隣県で屋根修理業者を探すとき、選択肢が多いと業者選びに迷ってしまう事があります。この記事では、函館市で施工可能な屋根修理業者を厳選して紹介しています。各修理業者ごとに特色あるものばかりなので、きっと気になるお店を探せるでしょう。自身の希望と照らし合わせながら選んでみてください。

函館市のおすすめ屋根修理業者3選!

函館市の周辺で対応可能なオススメの屋根修理業者を3社ピックアップしました。屋根修理業者選びに迷われている方でも、ここで紹介している3社のどれかを選んでおけば、まず間違いありません。会社を選ぶ時は必ず3社以上から見積もりを取ってもらい、その時の対応や見積内容などを比較して選ぶようにしましょう。

会社名 住所
瀬川瓦工業 北海道函館市根崎町54-2
ホームリーワン 札幌市中央区南6条西1丁目5番地 6.1ビル7階
ガイソー札幌店 北海道札幌市東区北四十二条東1丁目4-30

1位 瀬川瓦工業

  • 全日本瓦工事業連盟加入店
  • お客様の多用なニーズに対応しております
  • 瓦工事に関する卓越した技術を持つ職人

会社概要

瀬川瓦工業は会社の拠点を北海道函館市に置いており、屋根修理を専門にしている会社です。主な業務内容として、瓦屋根工事や瓦の葺き替え、瓦の締め直し、割れ瓦の交換などを行っています。また、雨漏り点検補修や修理などの対応も可能です。担当エリアホームページに記載されていませんが、北海道函館市やその近郊だと考えられます。専門的な知識を持つスタッフが多数在籍しているので、「瓦屋根の修理の経験が豊富な会社にお願いしたい」という人におすすめです。

会社名 瀬川瓦工業
住所 北海道函館市根崎町54-2
電話番号  0138-57-4679
対応エリア 不明
HP https://itp.ne.jp/info/012338631000000899/

瀬川瓦工業のココがスゴイ!

瀬川瓦工業は専門的な知識と技能を持つ瓦屋根の専門員や瓦工事に関する卓越した技術を持つ職人が在籍しているので、質の高い屋根修理を行うことができます。お客様のニーズに沿って提案から工事完了までしっかり対応してくれるでしょう。和風から洋風までニーズに合わせて対応できるのも魅力の一つです。また、全日本瓦工事業連盟加入店なので、しっかりとした会社であることが分かります。そのほかにも、「機能性だけではなく、デザインにもこだわりたい」という要望にも応えてくれます。

瀬川瓦工業の公式HPへ

2位 ホームリーワン

  • 安心のサポート体制施工後の安心対応
  • 北海道全域をカバー多彩な施工実績
  • 火災保険適用率が90%以上!

会社概要

ホームリーワンは会社の拠点を札幌市中央区に置いており、外壁や屋根工事を中心に事業活動を行っています。主な業務内容は、屋根の修理やふき替え、外壁の修理やふき替えなどを行っています。また、塗装に関する塗り替えも対応可能です。担当エリアは北海道全域なので、どこの地域の人でも気軽に連絡できます。専門スタッフが無料診断してその場で査定してくれるので、「まずは屋根の修理の前に診断してほしい」という人にぴったりです。

会社名 ホームリーワン
住所 札幌市中央区南6条西1丁目5番地 6.1ビル7階
電話番号  011-206-4866
対応エリア 北海道全域
HP https://homere-one.co.jp/

ホームリーワンのココがスゴイ!

ホームリーワンはネットで24時間受付可能で、専門スタッフが無料診断を行ってくれます。「屋根を修理しようか迷っている」「屋根の状態を知りたいけど、診断するのもお金がかかりそうだなー」と考えている人にはありがたいですよね。また、ご提案の際にも、火災保険を使って屋根修理をお手軽にする方法を教えてくれるので、通常よりも安くすみます。さらに、火災保険に関する難しい手続きは、担当者が行ってくれるので、難しく考える必要もありません。工事完了後のサポートも充実しているので、安心して任せることができますね。

ホームリーワンの公式HPへ

3位 ガイソー札幌店

  • 施工実績42000件
  • 10年保証
  • こだわり施工

会社概要

ガイソー札幌店は、北海道札幌市にある外装リフォーム専門の会社です。主に、外壁リフォーム・屋根リフォーム、屋根板金張替、外壁サイディングなどを行っています。担当エリアは、北海道全域で他にも店舗が存在します。「専門店だからこそできるこだわりの施工」を売りに、これまで多くの施工を行っています。簡単に申し込みができるのも人気の理由ですね。「まずは、屋根に関する悩みを聞いてほしい」という人におすすめです。

会社名 ガイソー札幌店
住所 北海道札幌市東区北四十二条東1丁目4-30
電話番号 0120-980-165 011-215-5213
対応エリア 北海道全域
HP http://www.gaiso-sapporo.co/

ガイソー札幌店のココがスゴイ!

ガイソー札幌店は、これまで42,000件以上施工実績があり、北海道の中でもトップクラスの施工件数です。その経験や知識を活かして、質の良い屋根修理を行うことが可能です。全国に108店舗があるため、今までのデータに基づいて、最適な提案を提供してくれるでしょう。屋根修理の診断が無料で行えるのもありがたいですよね。さらに、工事したら終わりというわけではなく、最長10年の保証期間がついているので、「万が一不具合があったらどうしよう」という心配もいりません。

ガイソー札幌店の公式HPへ

【今すぐわかる】屋根修理業者のカンタンな選び方

会社選びを迷ってしまう原因として、屋根修理を行う業者が多いことが挙げられます。屋根修理を行っている業種は大きく分けて5種類あり、その中から選ぶとなると膨大な数の会社が候補として挙がることになります。ここでは屋根修理業者のカンタンな選び方を伝授します。

屋根修理を行っている業種

ハウスメーカー/工務店
  • 一般住宅の建設・販売を行う会社の総称
  • 施工は下請け会社へ依頼して行う
リフォーム会社
  • リフォームをメインに行う会社
  • 屋根修理も請け負うが、自社ではなく、下請け会社へ依頼する場合が多い
板金工事業者
  • 金属屋根の修理・加工を専門に行う会社
  • 工場や倉庫の屋根修理がメイン
瓦葺工事業者
  • 瓦の葺き替え、葺き直しを専門に行う会社
  • 瓦屋根以外の修理や塗装は対応していない業者が多い
屋根修理業者おすすめアイコン
  • 屋根修理を専門に行う会社
  • 屋根修理に関して特化した技術と知識を持っている
  • 屋根の修理・葺き替えなら他の業者より安価

業種によってそれぞれ特徴は異なりますが、一般家庭の屋根修理を依頼するなら屋根修理専門業者に頼むのが良さそうですね。とはいえ、これだけで判断することは難しいと思うので、もう少しだけ各業種ごとの特徴を深掘りしたうえで、選ぶべきポイントを紹介しましょう。

各業種ごとの特徴と選ぶときのポイント

ハウスメーカー/工務店

家を建てて10年未満であれば、ハウスメーカーや工務店に屋根修理を依頼することをおすすめします。

理由は瑕疵保険(かしほけん)という保険が設けられており、一般的に家を建てて10年以内が保険の対象となっています。そのため、屋根修理の他、家の欠陥や不具合などにも対応してくれます。

家を建てて10年を超える場合は、ハウスメーカーや工務店に屋根修理を依頼することはおすすめできません。

理由としては、ハウスメーカーや工務店の場合、屋根修理は専門外となるため、どうしても下請け業者に依頼することになります。そうすると屋根修理専門業者と比べて以下のようなデメリットがあります。

  • 仲介手数料分費用が高くなる
  • 下請け業者の技術力がわからない

実は、屋根修理は職人の経験や技術力がとても大事になってきます。例えば、経験で重要になってくるのは、屋根を支える下地の劣化状態を見極めることができるかどうか。

屋根自体に破損等がなくても下地が劣化していれば、いくら屋根を修理しても根本的な解決にはならず、雨漏りなどを繰り返すことになります。

下地の状態は屋根をはがさないと確認することができないため、職人の経験に基づく見極めが非常に重要になります。

見積りが安価だからと言って、根本的な解決をせず修理を繰り返すことになると、結果として莫大な費用が掛かることも。

そのような観点から、屋根修理業者を自分で選ぶことができないハウスメーカーや工務店に依頼することはおすすめできませんね。

新築10年未満であれば家を建てたハウスメーカー/工務店に依頼!

リフォーム会社

リフォーム会社もハウスメーカーや工務店と同様に下請け業者に依頼していることが多くあります。下請け業者に依頼せず自社施工のリフォーム会社もありますが、ごく一部となるため屋根修理のみであればリフォーム会社を選択するメリットはあまりないと言えるでしょう。

リフォーム会社の強みとしては屋根修理のみではなく、外壁塗装や内装のリフォームも同時にできる点です。家の全面リフォームを考えるのであれば、業者をそれぞれ分けて依頼するよりはリフォーム会社に一括で依頼したほうが料金や作業効率が良いと言えるでしょう。

屋根修理以外のリフォームも検討するならリフォーム会社に依頼!

板金工事業者

板金工事業者は金属屋根の加工を得意としています。ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板、トタン屋根などの金属屋根の修理をメインに扱います。

板金工事業者の主な顧客は工場や倉庫などの屋根修理ですが、最近では一般家庭でも金属屋根が増えてきて需要が高まっています。

金属屋根の修理または葺き替えが最初から決まっている場合は、板金工事業者を選ぶことをおすすめします。

自分の家の屋根がどの素材かわからない方や葺き替えについてまだ検討中の方には、金属屋根以外の修理・葺き替えもできる『屋根修理専門業者』に依頼するのがいいでしょう。

金属屋根の修理は板金事業者へ!塗装など必要な場合は注意を!

瓦葺工事業者

瓦屋根の葺き替えを専門に扱う業者でストレート屋根、粘土瓦やセメント瓦、アスファルトシングル等の屋根修理に特化した業者です。

瓦屋根の専門業者となるため、瓦屋根の修理であれば瓦葺工事業者に依頼するのがいいでしょう。

瓦屋根などの修理は瓦葺事業者へ!こちらも塗装は不可な可能性があるので注意!

屋根修理専門業者

屋根修理専門業者は見積りから施工まですべての作業を自社の職人が行うことが一般的で、屋根の修理を依頼するなら料金・技術力・保証のどれをとってもイチ押しと言えます。

特に保証制度に関しては、技術力を持った業者ほど長い保証期間を設けている傾向にあります。

新築住宅であれば、10年間の瑕疵担保期間という保証が義務付けられていますが、屋根修理に関しては、屋根の状態によって変わってくるため、そのような保証は義務付けられていません。

そのため、屋根修理の保証は技術力に特に自信があり、屋根の状態をしっかりと見極められる業者でないと設けることができないサービスだと言えます。

このことから屋根修理業者を選ぶ最もわかりやすい基準として、保証期間があげられます。

屋根修理専門業者は料金・技術力・保証のどれをとってもイチ押し!

屋根修理専門業者の選ぶポイントは保証期間!

業種別特徴まとめ

業種 費用 技術力 保証
ハウスメーカー × ×
リフォーム会社 ×
板金工事業者
瓦葺工事業者
屋根修理専門

屋根修理専門業者が総合力No.1!!

【まとめ】迷ったら屋根修理専門業者に依頼!補助金も活用して費用を抑えよう!

函館市の方におすすめの屋根修理業者について紹介していきました。あなたが頼んでみたい業者は見つかりましたか?

結論として迷ったら『屋根修理専門業者』に相談することをおすすめします!皆さんの会社選びが少しでも楽になったら幸いです!

函館市の屋根修理補助金・助成金・支援制度の紹介

依頼する会社は決まっても費用面は抑えていきたいところですので、気になる補助金制度についてを紹介していきます。函館市ではどんな補助金が使えるのか?自分で調べるのは大変なので、簡単にまとめてみましたので、参考にしてくださいね!

住宅修繕資金融資あっせん制度

区内にある自らが居住する住宅が対象で、住宅に必要な修繕、リフォームに必要となる融資を金融機関に斡旋し、生じた利子の一部を区が負担する制度です。

対象工事 耐震改修、外壁、屋根、バルコニー、屋上防水、内装、給配水管、設備修繕工事、アスベスト除去工事、マンションの共用部分等。
補助対象となる費用 工事費用の総額に応じて決定(工事費の80%以内で10万円以上500万円以内)
補助率等 契約利率0.95%
区負担利率0.50%
本人負担利率0.45%
担当部署 都市づくり部住宅課建築調整担当

「居住部分の床面積が280㎡以下であること、区内に1年以上住所を有していること」などの条件がありますが、これに該当するならば利用してみてはいかがでしょう。なお融資が実行されるのは、工事完了後となります。

木造住宅補強設計助成

区内の昭和56年5月31日以前(旧耐震基準)の建築物に対して、災害を未然に防ぐ目的で行う耐震診断・補強設計・耐震改修工事等の費用を助成しています。

耐震診断助成

災害を未然に防ぐ目的で耐震診断を行ったときに、受けることができる助成です。

助成金額 ・木造の住宅 診断費用の10分の10(15万円以内) 
・木造以外の住宅 診断費用の2分の1(50万円以内)
・住宅以外の建築物、煙突等の工作物 診断費用の10分の8(15万円以内)
耐震診断の内容 ・本診断の基礎的な事項を調べる予備調査
・本診断
・改修工事設計案の作成(木造住宅は除く)
・改修工事費の概算見積書の作成(木造住宅は除く)

助成金の交付は、設計事務所等の同意があれば、直接助成金を業者に交付することが可能です。

補強設計助成

区内の木造住宅が対象で、耐震診断後改修工事設計案の作成、改修工事費の概算見積書の作成に助成を行います。建築物の診断の結果、評点で1.0に満たない木造住宅を対象としています。

補強設計の内容 改修工事設計案の作成
改修工事費の概算見積書の作成
対象建築物の要件 ・区の助成を受けて耐震診断をしたもの
・延べ床面積の2分の1以上が住宅である
・2階建て以下であるもの
・建築基準法に違反する建築物として、是正指導を受けていないもの

補強設計助成金は、あなたが設計事務所に補強設計費用を支払った後、交付されます。密集住宅市街地整備促進事業の事業地区内で道路整備路線の建築物の場合には助成が受けられないことがあります。

耐震改修工事助成

耐震性の高い家にするためには、屋根に関しては軽量化を図る必要性があります。瓦の場合には重いことが想定されるため、軽い屋根に葺き替える作業が行われることがあるでしょう。

助成金額 ・重点地域内の住宅:耐震改修工事費用の3分の2(200万円以内)
・その他の地域の住宅:耐震改修工事費用の2分の1(150万円以内)
対象建築物の要件 ・区の助成を受けて耐震診断を行ったもの
・延床面積の2分の1以上が住宅であるもの
・建築基準法その他関係法令に適合しているもの

重点地域については、函館市の「耐震診断・補強設計・耐震改修工事等に対する助成」をご覧ください。耐震補強工事助成は、あなたが工事費を施工業者に支払った後、または施工業者の同意があれば、直接業者に交付することも出来ます。