エリア

東京都杉並区のおすすめ屋根修理業者を徹底解説!

  • 「この間の台風で屋根が心配だな……天井にシミができたみたいだし……」
  • 「屋根修理業者といっても、自分で探すのは大変。たくさんあるし……」

杉並区では、耐震基準を満たしていないと思われる古い建物が多くあるほか、狭い道が多いため、地震などが起きた場合に、壊れた屋根などが塞がってしまうことが想定されるなど、防災に関しての改善が期待される街です。

この記事では、そのようなポイントもふまえて、徹底的に分かりやすい屋根修理業者の選び方を紹介しています。また、「屋根修理徹底ガイド スカイアルバム」編集部が紹介する選び方をもとに選定した、オススメの業者も紹介しています。

記事の最後では、杉並区の耐震などに関する補助金制度も紹介していますので、条件が合えば屋根修理がお得にできますよ。ぜひ参考にしてください!

【今すぐわかる】屋根修理業者のカンタンな選び方

屋根修理を行っている業種

各業種ごとの特徴と選ぶときのポイント

業種別特徴まとめ

東京都杉並区のおすすめ屋根修理業者5選!

ここからは、これまでに紹介した選び方の元、東京都杉並区で対応する、オススメの屋根修理専門業者を5社ピックアップしました。

ぜひ参考にしてください。ではどうぞ!

1位・屋根修理のすまいるーふ

2位・適正リフォーム

  • 錬度の高いプロの塗装職人が丁寧に施工!
  • 月間施工棟数、30棟超え!

会社概要

杉並区や練馬区を中心に、神奈川や埼玉などでも対応可能な適正リフォーム。屋根塗装、防水工事、屋根修理、葺替え工事などに特化することで、技術力を向上しています。自社施工で外注業者に丸投げしないため、その分料金を安く抑えることを実現。

月間施工数は30棟超え!そのため、1棟ずつの利益を他社より少なくしても高品質を維持。施工後の定期点検もしっかり管理しているほか、教育面でもメーカーとの勉強会など、知識と技術を磨いています。

会社名カラフル株式会社
住所東京都杉並区永福4-19-6
電話番号0120-610-390
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
HPhttps://www.tekiseireform.com/

3位・リフォニア(Refoneer)

  • 建物診断ではモニターでの屋根の現状把握が無料で可能!
  • JIOかし保険は保険料自社負担!

会社概要

東京都武蔵野市を中心に、千葉県や埼玉県でも対応しているリフォニア。施工ミスなどをフォローするJIOのかし保険を備えているほか、工事中の事故全般に有効な保険には三井住友海上火災保険を備え、リスク対策を施しています。

葺き替えからカバー工法まで対応しており、耐久年数に応じた塗料の種類も豊富にあります。また、無料の建物診断では屋根の状態を高所カメラで確認。端末モニターで一緒に状態を見ることもできます。

会社名リフォニア(Refoneer)
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-4コスモス吉祥寺ビル2F
電話番号0422-57-3935
対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
HPhttps://refoneer.com/

4位・住安ホーム

  • 高品質な屋根工事は安心の10年保証!
  • 定期的なアフターフォローで修繕費を抑えられる!

会社概要

会社名株式会社住安
住所東京都渋谷区南平台町15-15
電話番号0120-134-999
対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、関東全域
HPhttps://sumiyasukoumuten.com/

5位・広栄住装株式会社

  • 小さなトラブルから大きなリフォームまで、自社施工の地域密着型。
  • 半年後と1年後の2回の定期検査。初期損失などの問題点を確認。

会社概要

会社名広栄住装株式会社
住所東京都練馬区春日町2-27-10
電話番号03-3825-5925
対応エリア東京都、神奈川県、群馬県、茨城県、千葉県、埼玉県
HPhttps://koueijyusou.jp/

【まとめ】迷ったら屋根修理専門業者に依頼!補助金も活用して費用を抑えよう!

いかがでしたでしょうか。杉並区の方におすすめの屋根修理業者について紹介しました。あなたが依頼したい業者は見つかりましたか?

結論としては、迷ったら『屋根修理専門業者』に相談するのがおすすめです。あなたの業者選びが少しでも楽になったら幸いです!

杉並区の屋根修理補助金・助成金・支援制度の紹介

依頼する会社は決まっても費用はおさえていきたいところ。そこで、ここでは気になる補助金制度を紹介していきます。杉並区ではどんな補助金が使えるのか、ご自分で調べるのは大変です。カンタンにまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

【旧耐震基準】木造住宅等の耐震化に関する助成制度

昭和56年5月以前に建てられた耐震性能が低い木造住宅に対して、耐震性能を水準以上に向上させるため、設けられた制度です。

対象住宅  昭和56年5月以前に建てられた木造住宅
      杉並区内に該当住宅を持つ人が対象
助成金額  改修後の点数が1.0以上 100万円か耐震改修費用の2分の1
      改修後の点数が1.0未満 50万円か耐震改修費用の2分の1
      ※上記助成金は、どちらか額が少ない方

申請の手順

助成制度の申請までの流れをカンタンにまとめました。詳細は「パンフレット」をご覧頂ければ幸いです。

  1. 申請は、工事の契約、着工前に必要書類の提出します。
  2. 助成金交付決定通知を受けてから、書面による工事の請負契約書を交わし、工事に着工する。
  3. 工事の施工業者に、各工事箇所の進捗状態が分かるよう(改修前、改修中、改修後)写真を撮るように依頼する。
  4. 工事の中間検査、完了検査が終わった後に、必要書類を提出。
  5. 助成額確定通知書が郵送される。

耐震診断での点数が1.0以上になるように、耐震補強をする必要があります。

まずは、杉並区の簡易診断(無料)を受けた上で、2種類ある精密診断のどちらかを受けた後、結果に基づき耐震改修工事を行う流れです。

※耐震改修工事は、耐震に関する他の補助金を受けていないこと、住民税を滞納していないことが条件。

低炭素化推進機器等導入助成【省エネルギー住宅】

杉並区では、持続可能な社会を目指し、エネルギーの使用効率を高め、温暖化対策を目的とした省エネ改修補助制度があります。

既存住宅の省エネ改修対策の一環として、住宅に関しては、高日射反射率塗装と窓断熱改修があります。

申請対象杉並区内建物に対象機器等を導入する杉並区民の方
杉並区外に居住で完了報告までに杉並区民になる方
対象要件杉並区内の既存住宅に導入すること
過去に同一種類で本助成金を受けていないこと

次に、屋根の太陽光対策、窓の断熱について紹介します。

  • 高日射反射率塗装 

屋根の太陽光が反射する部分に塗料を塗布することで、室内の温度上昇を抑える効果があります。

助成金額は1㎡当たり1,000円で、限度額は15万円です。

  • 窓断熱改修 

窓の断熱化をすることで、外の気温に左右されづらくなり、冷暖房効果などが表れやすくなります。屋根の断熱処理にも効果が期待できます。

助成金額は、今ある窓を利用した複層ガラスへの交換になり、小さいものでは1枚あたり1500円です。限度額は15万円

屋根の塗料は、日中の部屋内の温度に少なからず影響しますし、窓の断熱に関しても検討する良い機会と言えるでしょう。

対象などの詳細は、ホームページをご確認ください。

申請の手順

窓口で申請書類の提出を行います。

引用元:杉並区低炭素化推進機器等導入助成 申請手続きの流れ

  1. 申請から2週間程で、決定通知書が届きます。
  2. 通知書を受け取ったあと、工事に着工。
  3. 完了報告書の提出。
  4. 現地調査が行われる場合があり。
  5. 1か月ほどで確定通知書が届き、振り込み。

以上の流れになります。

同一年度において、同一申請者の助成限度額は30万円となっていますので、考えながら上手に活用したいですね。