エリア

東京都足立区のおすすめ屋根修理業者を徹底解説!

  • 「最近どうやら屋根が雨漏りしているみたいで…」
  • 「屋根修理ってどこの会社がおすすめなの?」

雨漏りの問題解決と言えば屋根修理業者ですが、よく利用するという方は少ないでしょう。日頃から利用する業者ではないため、住んでいる地域周辺にどんな会社があるのか知らないという方は少なくありません。

試しにネットで調べてみると、屋根修理業者はたくさんあり迷ってしまいます。そこで今回は、屋根修理業者の選び方をわかりやすく紹介していきましょう。文京区の補助金制度も併せてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【今すぐわかる】屋根修理業者のカンタンな選び方

屋根修理を行っている業種

各業種ごとの特徴と選ぶときのポイント

業種別特徴まとめ

東京都足立区のおすすめ屋根修理業者5選!

ここからは先ほど紹介した選び方をもとに、東京都足立区で対応してくれるおすすめの屋根修理専門業者を5社ピックアップしました。

ぜひ参考にしてください。ではどうぞ!

1位・屋根修理のすまいるーふ

2位・株式会社桂

  • 施工後の定期点検で初心者も安心!
  • 点検・補修から大規模な改築までOK!

会社概要

東京都足立区に会社を構える住まいの便利屋、株式会社桂。外装や内装、点検や補修、全体のリフォームと、小さな工事から大規模なトータルリフォームまで手掛ける屋根修理業者です。

営業エリア内であれば遠方のお住いでも無料で見積もりを作成してくれるほか、現在はリーズナブルな価格で屋根リフォームのキャンペーンも行っています。

会社名株式会社桂
住所東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター10階
電話番号03-5244-0003
対応エリア東京都・埼玉県・神奈川県(相模原市緑区 相模原市中央区 相模原市南区)
HPhttp://www.kabukatsu.co.jp/

3位・ADLOOP合同会社

  • 屋根塗装や防水工事は安心の10年保証付き!
  • アドテックコート塗装で防汚性と耐久性も〇!

会社概要

東京都板橋区に会社を構えるADLOOP合同会社。外壁塗装から屋根塗装や屋上防水工事、水回り工事に内装工事など、幅広く修理やリフォームサービスを提供している会社です。

10年以上の経験豊富な職人が施工を担当し、外壁・屋根塗装・防水工事の場合は10年保証付きのため安心して修理を依頼できるのも嬉しいポイントです。

会社名ADLOOP合同会社
住所東京都板橋区赤塚3丁目21-8
電話番号03-6318-4114
対応エリア東京都、茨城県、埼玉県、千葉県、関東エリア
HPhttps://www.adloop-home.com/

4位・株式会社MMKアート

  • 現地調査から施工完了まで職人が行う自社施工!
  • 3度塗りで納得のいくクオリティを提供

会社概要

会社名株式会社MMKアート
住所東京都板橋区成増1-7-10
電話番号03-3977-5078
対応エリア
HPhttp://www.mmk-art.com/

5位・エバー株式会社

  • 8,000棟以上の実績!
  • 屋根のプロ「日本屋根診断士」が多数在籍!

会社概要

会社名エバー株式会社
住所東京都品川区西五反田2-25-2
電話番号03-5496-9150
対応エリア東京都、神奈川県
HPhttp://www.ever-corp.com/

【まとめ】迷ったら屋根修理専門業者に依頼!補助金も活用して費用を抑えよう!

足立区の方におすすめの屋根修理業者について紹介していきました。あなたが頼んでみたい業者は見つかりましたか?

結論として迷ったら『屋根修理専門業者』に相談することをおすすめします!皆さんの会社選びが少しでも楽になったら幸いです!

足立区の屋根修理補助金・助成金・支援制度の紹介

依頼する会社は決まっても費用面は抑えていきたいところですので、気になる補助金制度についてを紹介していきます。足立区ではどんな補助金が使えるのか?自分で調べるのは大変なので、簡単にまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね!

足立区住宅改良助成制度

足立区では、区民の快適で安全な住まいのために自己居住の住宅(分譲マンション専有部分を含む)の以下に掲げる工事、または分譲マンションの共用部分に行う段差解消工事などに対する費用の一部を助成します。

詳しい条件は下記表に記載します。

対象となる住宅・自己居住の住宅(分譲マンションの専有部分含む)
・分譲マンションの共有部分

※ただし、下記要件が必須
 ・同一の改良でこの助成を受けたことがないこと
 ・他の給付や助成を受ける工事ではないこと
 ・施工者は区内業者であること
 ・工事が建築基準法や関係法令に適合していること
助成金額対象工事費の20%と基準額とを比較して低い額(上限30万円)
※1,000円未満切捨て
※対象工事ごとに別途上限があります。「詳細ページ」を
ご確認ください。

申請から受取りまでの手順

足立区住宅改良助成制度を利用するための手順は、以下の通りです。初めの申請書の提出時や完了時、請求時は持ち家か管理組合かで提出書類等が異なるため、より詳しくは「申請の手引き」をご覧いただけますと幸いです。

引用:足立区住宅改良助成制度のご案内

工事契約前に助成制度の申請が必要です。申請前に工事契約を行うと助成が受けられなくなるためご注意ください。

また、「照明、給湯器及び空調機器等の建築設備の新設家具」や「調理台及び洗面台等の新設」など、工事の内容によっては対象外のものもあります。予定している工事が助成対象内であるかどうかが不明な場合は、事前に問い合わせて確認しましょう。

省エネリフォーム補助金

足立区では、住宅の省エネルギー化の普及促進を図り、低炭素社会構築に向けた環境にやさしいまちづくりを目的として、既存の建物住宅に省エネルギー化を目的とした改修工事を行う方に対して補助をしています。

詳しい条件は下記表に記載します。

対象となる工事①ガラス・窓の交換:既存のガラス・窓を中央部の熱貫流率が
 2.33以下であるものに交換。
②内窓の新設:既存の窓の内側に新たにガラス中央部の熱貫流率が
 2.33以下である窓を設置。
③断熱材の設置:熱伝導率が0.041以下である断熱材を設置。
 ※ただし、天井断熱工事に用いる吹込み断熱材の場合は
  R値(熱抵抗値)が2.7以上。
④遮熱塗装:近赤外線領域における日射反射率が50%以上の
 塗料で塗装。
補助金額補助対象経費の1/3に相当する額 (上限5万円)

補助対象経費に含むもの
↳設置する製品(ガラス、窓、断熱材、遮熱塗料)の本体、
 部材の購入および改修工事に要する費用
補助対象経費に含まないもの
↳配送費、旧機器や廃材の処分費用など設置作業に
 直接関らない費用、「工事費一式」「諸経費」など
 内容が明確でないもの、製品のリースやレンタルに要する費用

補助を受けるためには、関係書類を全てそろえた上で工事着工予定日の前日までに申請が必要です。ただし、申請者が自ら工事を行う場合は、改修工事に要する費用は補助対象経費に該当しないためご注意ください。