エリア

東京都新宿区のおすすめ屋根修理業者を徹底解説!

  • 「雨が降るたびに雨漏りが心配だなぁ」
  • 「どのような業者を頼りにしたら良いか分からない」

屋根は、家を雨や日差しから守る重要な部分です。もし屋根に問題が生じれば、雨の日にはあっという間に家の中が濡れてしまい、応急処置をするにしても簡単にはいかないでしょう。

新宿区は単身世帯が多く、かつ高齢者の割合が高いという特徴があります。自分だけで解決することは困難であるため、記事を参考にして早めに業者の選別、依頼をすることをおすすめします。

【今すぐわかる】屋根修理業者のカンタンな選び方

屋根修理を行っている業種

各業種ごとの特徴と選ぶときのポイント

業種別特徴まとめ

東京都新宿区のおすすめ屋根修理業者5選!

ここからは先ほど紹介した選び方をもとに、東京都新宿区で対応してくれるおすすめの屋根修理専門業者を5社ピックアップしました。

ぜひ参考にしてください。ではどうぞ!

1位・屋根修理のすまいるーふ

2位・株式会社桂

  • 屋根だけじゃない。外壁もトータルでサポート
  • 屋根リフォームキャンペーン展開中

会社概要

株式会社桂は、住まいの事ならなんでも相談できる業者です。屋根も外壁も、雨風の影響を受けもっとも傷みやすい場所。トータルで判断できるからこそ、ベストな施工をしてくれるでしょう。

株式会社桂では屋根リフォームキャンペーン展開中です。使わないアンテナの撤去や屋根の写真撮影、一部の屋根の修繕を1,000円で行っています。屋根状態が気になる方、築10年以上の場合はこの機会に依頼してみましょう。

会社名 株式会社桂
住所〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター10階
電話番号03(5244)0003
対応エリア東京都・埼玉県・神奈川県(相模原市緑区 相模原市中央区 相模原市南区)
HPhttp://www.kabukatsu.co.jp/

3位・株式会社創建社

  • 「お客様に損をさせたくない」がモットー
  • 診断からアフターサービスまで社長自らが一貫対応

会社概要

株式会社創建社は、10年以上青梅密着型で行ってきた外壁塗装、防水工事を得意とする業者です。社長自らが「お客様に損をさせたくない」という気持ちから立ち上げた会社なので、高い志を持って仕事をしてくれるでしょう。

話を聞いてから、診断、提案、施工管理、アフターサービスに至るまで社長自らが対応してくれます。余分な費用がかからない、料金が不明瞭になることがないため、適切価格で施工を依頼することができるのです。

会社名株式会社創建社
住所〒198-0051 青梅市友田町4-233-1
電話番号0120-94-0245
対応エリア青梅市を中心に東京都全域
HPhttp://www.souken-sha.com/

4位・株式会社MMKアート

  • 職人の直接対応により低価格が実現
  • 保障は最長10年間

会社概要

会社名 株式会社MMKアート
住所東京都板橋区成増1-7-10
電話番号0120-711-728
対応エリア東京都
HPhttp://www.mmk-art.com/index.html

5位・株式会社住安

  • リフォームローンを組むことができる
  • 自社保証、メーカー保証を完備

会社概要

会社名 株式会社住安
住所東京都渋谷区南平台町16−28 Daiwa渋谷スクエア9F
電話番号0120-134-999
対応エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県 関東全域
HPhttps://sumiyasukoumuten.com/

【まとめ】迷ったら屋根修理専門業者に依頼!補助金も活用して費用を抑えよう!

新宿区の方におすすめの屋根修理業者について紹介していきました。あなたが頼んでみたい業者は見つかりましたか?

結論として迷ったら『屋根修理専門業者』に相談することをおすすめします!皆さんの会社選びが少しでも楽になったら幸いです!

新宿区の屋根修理補助金・助成金・支援制度の紹介

依頼する会社は決まっても費用面は抑えていきたいところですので、気になる補助金制度についてを紹介していきます。新宿区ではどんな補助金が使えるのか?自分で調べるのは大変なので、簡単にまとめてみましたので、参考にしてくださいね!

新宿建築物等耐震化支援事業

地震災害対策工事を実施した際に、助成をしてくれる制度です。耐震診断や設計も助成の対象になり、専門家の派遣も行ってくれます。

適用条件戸建(木造)、戸建(非木造)、長屋建(木造)、長屋建(非木造)、マンション(分譲)、マンション(賃貸)、その他の共同住宅(木造)、その他の共同住宅(非木造)
補助金限度額●木造
<耐震改修>
助成割合:3/10 3/8 3/5 3/4(区分により異なる)
助成金限度額:75万円 150万円 300万円(区分により異なる)
●非木造
<耐震改修>
助成割合:2/3
助成金限度額:4000万円

都市計画部防災都市づくり課が窓口となっていますが、詳しくは事業を実施する地方公共団体に問い合わせすることをおすすめします。

*参照:新宿区建築物等耐震化支援事業

木造:耐震改修工事への補助助成

耐震改修工事、簡易耐震改修工事を行った際の費用の一部を助成してくれる制度です。昭和56年(1981年)5月31日以前の木造2階建て以下の住宅に適応になります。

適用条件・耐震改修工事
・簡易改修工事
補助金限度額・耐震改修工事 助成対象工事費の3/4、上限300万円
・簡易耐震改修工事 助成対象工事費の3/5、上限150万円

申請者を含む世帯全員が住民税を滞納していないという条件が必要です。耐震改修工事の契約は、助成金の交付決定後に行う必要があるため、注意しましょう。

*参照:木造 耐震改修工事への助成