エリア

東京都千代田区のおすすめ屋根修理業者を徹底解説!

  • 「屋根が壊れていないか心配だ……」
  • 「屋根修理業者はどこが良いのか……決められない」

千代田区は地震に強いまちづくりの強化を進めている地域で、消防の円滑化や建物の耐震性の強化、木造建築の不燃化などに取り組んでいます。地震が起きた際の屋根の壊れなどは人災につながるため、重要なポイントです。

この記事では分かりやすい屋根修理業者の選び方を紹介してまいります。「屋根修理徹底ガイド スカイアルバム」編集部が紹介する選び方をもとに選定した、オススメの業者も紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

記事の最後では、千代田区の補助金などの制度も紹介していますので、条件が合えば屋根修理がお得にできます。ぜひ参考にしてください。

【今すぐわかる】屋根修理業者のカンタンな選び方

屋根修理を行っている業種

各業種ごとの特徴と選ぶときのポイント

業種別特徴まとめ

東京都千代田区のおすすめ屋根修理業者5選!

ここからは、先ほど紹介した選び方をもとに、東京都千代田区で対応してくれるオススメの屋根修理専門業者を5社ピックアップしました。

ぜひ参考にしてください。

1位・屋根修理のすまいるーふ

2位・日本住建株式会社

  • 火災保険適用で最安0円で修理可能!
  • 豊富な実績で申請書類作成をサポート。

会社概要

東京都港区に本社がある日本住建は、火災保険を活用した屋根修理と工事を特色としています。また、保険適用外でも安心な自社施工のため、低価格で工事が可能。さらに定期メンテナンスで、アフターフォローもしっかりしています。

保険会社に認可され、できるだけ高く保険金を受領しやすくするポイントなどを熟知。普通の工事会社では作成することが難しい書類作成や、豊富な実績でサポートしています。

会社名日本住建株式会社
住所東京都港区芝3-31-6 サンライズ芝2F
電話番号0120-264-259
対応エリア東京都
HPhttps://nihonjuken.com/

3位・株式会社リン・ドス 

  • 一級建築士や一級施工管理技士の資格保持者を保有!
  • 漏水保証は最大10年!

会社概要

東京都文京区に会社があるリン・ドスは、屋上の防水工事をはじめ外壁塗装などを手掛ける改修工事専門会社です。一級建築士や一級施工管理技士などの資格保持者がおり、毎年のように優良賞を受賞する実績も誇ります。

塩ビシート防水工法では、漏水の保証は最大10年間。表面に紫外線を遮断するMMA樹脂が積層されていることで、長期間にわたり性能を保持することが可能となっています。

会社名株式会社リン・ドス
住所東京都文京区千石4-26-19
電話番号03-5395-6161
対応エリア東京都
HPhttps://www.lindos-kaishu.com/

4位・株式会社 桂

  • 屋根の老朽化や雨漏り修理など、しっかり施工。
  • 小さな補修から大きな改築まで対応!

会社概要

会社名株式会社 桂
住所東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター10階
電話番号03-5244-0003
対応エリア東京都、埼玉県、神奈川県
HPhttp://www.kabukatsu.co.jp/

5位・有限会社小安商店

  • 70年の歴史があり、高品質の自社施工。
  • 施工後の追加料金は一切なし!小さな工事も即対応!

会社概要

会社名有限会社小安商店
住所東京都文京区湯島1丁目12-5
電話番号03-3834-2756
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
HPhttp://koyasu-shouten.com/

【まとめ】迷ったら屋根修理専門業者に依頼!

千代田区の方におすすめの屋根修理業者について紹介して参りました。依頼したい業者は見つかりましたか?

迷ったら『屋根修理専門業者』に相談するのがおすすめです!この記事で会社選びが少しでも楽になれば幸いです。

続いては、屋根修理の補助金や助成金などの紹介です。費用を抑えるのに役立つかもしれません。

千代田区の屋根修理補助金・助成金・支援制度の紹介

依頼する会社は決まっても費用面は抑えていきたいところですよね。

ここでは、補助金などの制度について紹介します。千代田区ではどんな補助金が使えるのか、自分で調べるのは大変ですので、カンタンにまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

千代田区木造住宅の耐震化促進助成制度

千代田区では、震災時の人的被害などを最小限にするため、住人のいる木造住宅を対象に、耐震診断、耐震改修などにかかる費用の一部を助成しています。

対象要件昭和56年5月31日以前の旧耐震基準により建てられた
住人のいる住宅
木造在来軸組工法により建築された木造住宅(併用住宅を含む)
この住宅の所有者や賃借人若しくは使用借人
助成金額①耐震診断 助成割合は100%、助成限度額は15万円
②耐震改修 助成割合は100%、助成限度額は120万円

助成金の割合が100%で無料で診断や改修ができるので、ぜひ活用したいところ。耐震改修する場合は、補助金限度額が120万円なので、計画的に申請したいですね。

また、耐震改修は耐震診断の結果、耐震性の不足が分かった場合(耐震診断の結果、点数が1.0未満)、耐震改修にかかる費用に対して助成されます。

申請の流れ(耐震改修の場合)

ここでは、申請の流れをカンタンに説明していきます。より詳しくは、制度の案内を確認して頂けますと幸いです。

  1. 区の環境まちづくり部建築指導課構造審査係まで、事前に連絡し相談
  2. 申請書類を提出(3者以上の見積書や居住形態の書類、案内図など)
  3. 耐震化助成決定通知書が通知される
  4. 耐震改修工事の契約
  5. 耐震改修工事
  6. 完了実績報告書提出
  7. 耐震化助成交付金額確定通知書が通知され
  8. 耐震化助成金交付請求書にて、助成金の交付を請求する
  9. 助成金の交付

また、耐震診断を受けてから一年以内に耐震改修を申請する際は、提出書類(居住形態や所得に関する書類など)を省略できるので、間を置かずに改修しておきたいところです。

※耐震改修等の契約は、必ず助成決定後に行ってください。

千代田区土砂災害特別警戒区域内建築物の安全対策工事助成制度

東京都により千代田区内の土砂災害警戒区域等が指定された経緯をふまえ、土砂災害警戒区域内にある住宅などに安全対策工事を行う場合、工事費用の一部を助成する制度です。

対象要件土砂災害特別警戒区域内にあり、現在所有の居住している住宅。
土砂災害特別警戒区域が指定された時に、存在していたもので
建築基準法に大きな違反がないもの。
建築物と土地の所有者が複数いる場合は、全ての所有者の同意
が必要。
助成金額助成率は1/2、限度額は1,680,000 円
対象工事土砂災害に対する建物の安全性の向上が目的。
対象建築物の外壁や建替え工事が適用範囲。

助成金額で半分を負担してくれ、助成限度額が1,680,000 円 というならば、大がかりな安全対策工事も可能となるでしょう。

この助成制度はあくまでも、土砂災害などの警戒区域にお住まいの家がある場合のものです。

建替えなどの工事が対象となっているため、予算などを含めた計画的、効率的な工事が期待できますね。

※ 所有している建築物が土砂災害特別警戒区域内にかかっているかは、千代田区のホームページをご覧ください。

申請の流れ

それでは、申請の流れをカンタンに説明します。念のため、案内要綱を確認して頂けますと、間違いないでしょう。

  1. 安全対策工事助成申請書を提出(申請者以外の所有者がいればその同意書も)
  2. 必要なら現地調査が行われ、安全対策工事助成決定通知書を通知される
  3. 助成決定後に工事の契約を行う
  4. 安全対策工事実施
  5. 工事完了後、完了実績報告書を提出。
  6. 安全対策工事助成額確定通知書が通知される
  7. 助成額確定通知書を受け取ったら、安全対策工事助成金交付請求書を提出
  8. 助成金交付へ

注意点としては、

  • 申請には、二者以上の業者見積りが必要です。
  • 安全対策工事の契約は、必ず助成交付決定後に行ってください。

以上です。

区が行う助成制度を活用することで、危険を排除することにつながります。ぜひ検討してください。