エリア

東京都調布市のおすすめ屋根修理業者を徹底解説!

  • 「次に雨が降ったら雨漏りが心配だなぁ。」
  • 「近くで信頼できる業者を知りたいな。」

雨漏りは、不安を感じた時が点検や改修のタイミングです。調布市は都心に近く利便性が高い立地特性である一方、降水量が多い都市で穏やかな月でも多くの雨が降ります。

また調布市は10年前と比較すると、65歳以上の高齢化率は上昇傾向にあり、自身で修理や改修するには危険を伴うため、早めに改修を済ませておいた方が安心でしょう。業者選定の参考になる情報をお届けします。

【今すぐわかる】屋根修理業者のカンタンな選び方

屋根修理を行っている業種

各業種ごとの特徴と選ぶときのポイント

業種別特徴まとめ

東京都調布市のおすすめ屋根修理業者5選!

ここからは先ほど紹介した選び方をもとに、東京調布市で対応してくれるおすすめの屋根修理専門業者を5社ピックアップしました。

ぜひ参考にしてください。ではどうぞ!

1位・屋根修理のすまいるーふ

2位・有限会社関東リフォーム

  • 創業18年で30,000棟以上の実績
  • 丁寧な仕事と誠実な対応からリピーターが多い

会社概要

有限会社関東リフォームは、東京都東久留米市に本社を構える創業18年のリフォーム会社です。これまで30,000棟以上の実績があるため、安心して任せることができるでしょう。

丁寧な仕事と誠実な対応からリピーターが多く、低金利ローンや工事中に必要であれば施工主の車を預かってくれるサービスも備えています。日本屋根診断士協会、屋根修理の窓口 運営などにも加盟、所属している会社です。

会社名 有限会社関東リフォーム
住所〒203-0042 東京都東久留米市八幡町1-8-1
電話番号042-470-8088㈹
対応エリア関東一円対応
HPhttps://www.kantoreform.com/

3位・株式会社LOVE STYLE

  • ドローン屋根調査を行う屋根工事のエキスパート
  • 10年保証の安心価格

会社概要

株式会社LOVE STYLEは葺き替え、カバー工法工事、塗装など屋根工事全般を担うエキスパートです。ドローンで屋根調査を行うことができるため、現場を一緒に確認することができます。

葺き替え・カバー工法(重ね葺き)工事を行った際には、「10年保証書」を発行してくれます。葺き替え工事の場合には一般的に保証期間が短く、10年という新築同等の保証を受けることができるのはLOVE STYLEの特徴です。

会社名 株式会社LOVE STYLE
住所〒156-0056 東京都世田谷区八幡山3-22-25
電話番号0120-494-978
対応エリア 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県。茨城県
HPhttps://www.lovestyle-tokyo.com/

4位・株式会社ライフ総建

  • 八王子市で3年連続No1の施工実績
  • 自社施工を行うため高品質低価格を実現

会社概要

会社名 株式会社ライフ総建
住所〒193-0822 東京都八王子市弐分方町250-4
電話番号042-659-0240
対応エリア 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
HPhttps://life-soken.jp/

5位・日本住建株式会社

  • 自然災害に伴う緊急工事にも対応可能
  • 納得ができる質の高い報告書

会社概要

会社名日本住建株式会社
住所〒105-0014 東京都港区芝3-31-6サンライズ芝2F
電話番号0120-264-259
対応エリア 東京都
HPhttps://nihonjuken.com/

【まとめ】迷ったら屋根修理専門業者に依頼!補助金も活用して費用を抑えよう!

調布市の方におすすめの屋根修理業者について紹介していきました。あなたが頼んでみたい業者は見つかりましたか?

結論として迷ったら『屋根修理専門業者』に相談することをおすすめします!皆さんの会社選びが少しでも楽になったら幸いです!

調布市の屋根修理補助金・助成金・支援制度の紹介

依頼する会社は決まっても費用面は抑えていきたいところですので、気になる補助金制度についてを紹介していきます。調布市ではどんな補助金が使えるのか?自分で調べるのは大変なので、簡単にまとめてみましたので、参考にしてくださいね!

木造住宅耐震化促進事業

昭和56年5月31日以前に建築された、調布市の一戸建て木造住宅が対象です。地震に対する安全性向上を目的として、住宅の耐震改修を行った際に改修費用の一部を助成してくれます。

適用条件・昭和56年5月31日以前に建築された市内の一戸建ての木造住宅
・当該建築物の延べ面積の過半が居住の用に供しているもの
補助金限度額耐震改修費用の2分の1で限度額は80万円

対象住宅の所有者で、納期を経過した市税を納めていて、指定する調査機関で耐震診断の結果、耐震改修が必要と認められたものが適応になります。

参考:木造住宅の耐震化のお願い

分譲マンション耐震化促進事業

耐震化を実施する分譲マンションの管理組合に、耐震改修に要した費用の一部を助成してくれる制度です。改修以外に、耐震診断、補強設計にも適応されます。

適用条件・2以上の区分所有者が存する建物で、当該建築物の延べ面積の過半が居住の用に供しているもの
・昭和56年5月31日以前に建築基準法に基づく建築確認を受け、及び工事に着手した建築物であること
・階数が3以上(地階を除く)の建築物であること
・耐火建築物又は準耐火建築物であること
・鉄筋コンクリート造、鉄骨造又は鉄骨鉄筋コンクリート造の建築物であること
補助金限度額いずれかの最も低い額
・耐震改修事業の実施に要する実支出額×23%
・50万円×住戸数で得た額
・2,000万円(上限額)

交付申請の手続きのために必要な書類は、改修、耐震診断、補強設計それぞれ異なってきます。詳しくは分譲マンション耐震化促進事業で確認してください。