エリア

東京都荒川区のおすすめ屋根修理業者を徹底解説!

  • 「最近2階の雨漏りが気になって…」
  • 「屋根の修理会社が多すぎて選べない!」

みなさんは今までに屋根修理業者を利用したことはありますか?普段使いをするようなサービスではないため、利用経験のある方は少ないですよね。そのためか、どこの会社がおすすめなのかと選び方に悩んでいる方は多いかと思います。

荒川区だけでも利用できる屋根修理業者はたくさんあり、結局どれが良いのかわかりません。そこで今回は、屋根修理業者の選び方をわかりやすく紹介していきましょう。荒川区の補助金制度も併せてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【今すぐわかる】屋根修理業者のカンタンな選び方

屋根修理を行っている業種

各業種ごとの特徴と選ぶときのポイント

業種別特徴まとめ

東京都荒川区のおすすめ屋根修理業者5選!

ここからは先ほど紹介した選び方をもとに、東京都荒川区で対応してくれるおすすめの屋根修理専門業者を5社ピックアップしました。

ぜひ参考にしてください。ではどうぞ!

1位・屋根修理のすまいるーふ

2位・株式会社リン・ドス

  • 屋上やベランダ、外壁等の改修工事のプロ!
  • マンション・ビルなどの大規模改修が強み

会社概要

荒川区のお隣、東京都文京区に会社を構える株式会社リン・ドス。防水工事と外壁補修工事の改修工事専門業者として、建物の改修・保全サービスを提供しています。

現地調査で状況を確認後、豊富なノウハウを基に多種多様な施工方法で建物に合わせた修理を行います。施工後は、各工事で決められた年数分のアフター検査も行っています。

会社名株式会社リン・ドス
住所東京都文京区千石4丁目26-19
電話番号03-5395-6161
対応エリア
HPhttps://www.lindos-kaishu.com/

3位・株式会社桂

  • 小さな工事もOKの住まいの便利屋!
  • 遠方の方でも営業エリア内であればお見積りは無料!

会社概要

荒川を挟んでお隣、東京都足立区に会社を構える株式会社桂。住宅の点検や補修、全体のリフォームとちょっとした工事から大々的なトータルリフォームまで手掛けている屋根修理業者です。

現在は屋根リフォームキャンペーンとして、屋根の現状写真撮影や屋根の一部修繕等をたったの1,000円で承っています。さらに営業エリア内はお見積りが無料なため、まずは少し相談してみたいという屋根修理依頼初心者にも魅力的です。

会社名株式会社桂
住所東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター10階
電話番号03-5244-0003
対応エリア東京都・埼玉県・神奈川県(相模原市緑区 相模原市中央区 相模原市南区)
HPhttp://www.kabukatsu.co.jp/

4位・有限会社小安商店

  • 施工後の追加料金は一切なし!
  • 70周年を誇る地元密着型の会社!

会社概要

会社名有限会社小安商店
住所東京都文京区湯島1丁目12-5
電話番号03-3834-2756
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
HPhttp://koyasu-shouten.com/

5位・株式会社住安

  • 相談から出張まで無料の嬉しいサービス!
  • 屋根葺き替え工事は安心の10年保証!

会社概要

会社名株式会社住安
住所東京都渋谷区南平台町15-15
電話番号0120-134-999
対応エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県 関東全域
HPhttps://sumiyasukoumuten.com/

【まとめ】迷ったら屋根修理専門業者に依頼!補助金も活用して費用を抑えよう!

荒川区の方におすすめの屋根修理業者について紹介していきました。あなたが頼んでみたい業者は見つかりましたか?

結論として迷ったら『屋根修理専門業者』に相談することをおすすめします!皆さんの会社選びが少しでも楽になったら幸いです!

荒川区の屋根修理補助金・助成金・支援制度の紹介

依頼する会社は決まっても費用面は抑えていきたいところですので、気になる補助金制度についてを紹介していきます。荒川区ではどんな補助金が使えるのか?自分で調べるのは大変なので、簡単にまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね!

木造建物耐震化推進事業(耐震補強工事支援事業)

荒川区では、大規模地震の際に密集した市街地にある木造建物の倒壊等から区民の生命と財産を守るため、荒川区内の建設業者が行う耐震補強工事にかかる費用の一部を補助しています。

詳しい条件は、下記表をご覧ください。

対象となる方・対象建物の所有者(法人の場合は、宅建業者を除く
 中小企業者または公益法人)
・住民税(法人の場合は、法人住民税)等を滞納していないこと
対象となる建物・荒川区の耐震補強設計支援事業を受けた建物(耐震診断後5年以内)
・戸建住宅(貸家を含む/賃貸アパートは、地震に対して安全な構造と
 する旨の特定行政庁による勧告、または耐震改修促進法に基づく指導
 を受けていること
補助金額【戸建住宅(自己用)、町会事務所、診療所】工事費の2/3(上限100万円)
【戸建住宅(貸家)】工事費の1/2(上限100万円)
【賃貸アパート】工事費の1/2(上限150万円)

荒川区の耐震診断とは、区に登録され、耐震診断、耐震補強設計と耐震化の助言を行う建築士である区の耐震診断士によって行われます。耐震診断には費用がかかりますが、申請手続きにより費用の全部又は一部を区が補助してくれます。

この耐震診断から5年以内が耐震補強工事支援事業の対象建築物となるため、工事を検討している場合は各補助制度の申請にかかる手続きや各段階での工事にかかる期間をを考慮してスケジュールを立てましょう。

申請から受取りまでの手順

荒川区の木造建物耐震化推進事業(耐震補強工事支援事業)の手順を簡単にまとめました。より詳しくは「申請の手引き」をご覧いただけますと幸いです。

  1. 事前相談
  2. 補助制度内定申請
  3. 補助交付内定通知
  4. 工事着手⇒着手届の提出
  5. 工事完了⇒完了届の提出
  6. 補助金交付申請
  7. 補助金交付決定通知
  8. 補助金の請求
  9. 補助金のお支払い

もしも工事の期間が複数年度にわたる場合は、申請初年度に全体設計承認を受ける必要があります。申請初年度で終わる見込みがない場合や詳細がご不明な場合は、荒川区の防災都市づくり部防災街づくり推進課防災街づくり係までご相談ください。

非木造建物耐震化推進事業(耐震補強工事支援事業)

荒川区では、非木造建物の倒壊等から区民の生命と財産を守ることを目的として、耐震診断に基づき耐震補強工事を行う区民を支援しています。

詳しい条件は、下記表をご覧ください。

対象となる方【分譲マンション/一般緊急輸送道路沿道建物】
 ⇒管理組合、または区分所有者の代表者。
 ※耐震補強工事を行うことについて区分所有者3/4以上の
  同意が必要。
【賃貸マンション/戸建住宅(貸家を含む)/診療所/一般緊急輸送道路
 沿道建物(分譲マンション以外)】
 ⇒次のすべてに該当する方。
 ・対象建物の所有者(法人の場合は宅建業者等を除く
  中小企業者、または公益法人)
 ・住民税/法人住民税等を滞納していないこと
【町会事務所】
 ⇒町会
対象となる建物区の耐震補強設計支援事業を受けた建物(耐震診断後5年以内)
※詳細な条件に関しては「非木造建物耐震化推進事業.p4」にて
 ご確認ください。
補助金額【分譲マンション、一般緊急輸送道路沿道建物】
 工事費の2/3(上限1,000万円)
【賃貸マンション】
 工事費の1/2(上限500万円)
【戸建住宅(自己用)/町会事務所/診療所】
 工事費の2/3(上限100万円)
【戸建住宅(貸家)】
 工事費の1/2(上限100万円)

こちらの補助制度の申請から受取りまでの流れは、木造建物耐震化推進事業(耐震補強工事支援事業)の手順と同様です。詳しくは「申請の手引き」をご覧いただけますと幸いです。

また、区より内定通知前に工事の契約をしてしまうと補助金を受け取れなくなってしまうため、工事の打合せと契約の時期にはご注意ください。