エリア

東京都大田区のおすすめ屋根修理業者を徹底解説!

  • 「我が家もとうとう雨漏りが…。どこに修理を頼めば良いの?」
  • 「どこの業者がおすすめなのか自分ではわからない」

雨漏りや台風による屋根の破損でも起きない限り、屋根修理業者をよく利用するという方は少ないでしょう。そのため、いざ屋根の修理をお願いしたいと思ってもどこの業者に頼めばよいのかわからず、業者選びに悩んでいる方は多いかと思います。

東京都大田区だけでも屋根修理業者はたくさんあり、結局どれが良いのかわかりませんよね。そこで今回は、屋根修理業者の選び方をわかりやすく紹介していきましょう。大田区の補助金制度も併せてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【今すぐわかる】屋根修理業者のカンタンな選び方

屋根修理を行っている業種

各業種ごとの特徴と選ぶときのポイント

業種別特徴まとめ

東京都大田区のおすすめ屋根修理業者5選!

ここからは先ほど紹介した選び方をもとに、東京都大田区で対応してくれるおすすめの屋根修理専門業者を5社ピックアップしました。

ぜひ参考にしてください。ではどうぞ!

1位・屋根修理のすまいるーふ

2位・日本住建株式会社

  • 即日対応OK!迅速な訪問で緊急時にも助かる!
  • 安定した自社施工

会社概要

東京都港区に本社をおく日本住建株式会社。意外と知られていない火災保険を活用した工事の相談が無料ででき、雨漏れなどによる屋根・外壁・雨どい修理を任せられます。

自然災害での緊急工事にも柔軟に対応しており、即日対応が可能なのでいざという時にも助かる会社です。豊富な施工実績と安心の自社施工により、施工後も万全なアフターフォローを提供しています。

会社名日本住建株式会社
住所 東京都港区芝3-31-6
電話番号0120-264-259
対応エリア東京都
HP https://nihonjuken.com/

3位・株式会社住安

  • 関東全域で28万件以上の作業実績!
  • 出張・見積・相談がすべて無料!

会社概要

東京都渋谷区に第一オフィスを構え、神奈川県や千葉県など関東全域まで幅広く対応している株式会社住安。営業エリアが広いだけでなく、無料で現地まで出張し、見積もりや相談に対応してくれるのも魅力的です。

株式会社住安は、水回りサービス大手のイーライフグループの会社です。そのため、作業実績が多くノウハウも豊富なことから、初めて依頼するのが不安という方も利用しやすいでしょう。

会社名株式会社住安
住所 東京都渋谷区南平台町15-15
電話番号 0120-134-999
対応エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県 関東全域
HP https://sumiyasukoumuten.com/

4位・ベストウイングテクノ株式会社

  • 半世紀にもわたり培った経験による高い品質!
  • リーズナブルな費用で品質の高い工事を提供

会社概要

会社名ベストウイングテクノ株式会社
住所東京都墨田区横川3-7-10 JU KINSHICHO NORTH TOWER2階
電話番号050-5538-0361
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県
HP https://www.technobestwing.jp/index.html

5位・エバー株式会社

  • セキスイ認定の屋根診断士が多数在籍!
  • 8,000棟以上の屋根工事の実績

会社概要

会社名エバー株式会社
住所東京都品川区西五反田2-25-2
電話番号03-5496-9150
対応エリア 東京都、神奈川県
HPhttp://www.ever-corp.com/

【まとめ】迷ったら屋根修理専門業者に依頼!補助金も活用して費用を抑えよう!

大田区の方におすすめの屋根修理業者について紹介していきました。あなたが頼んでみたい業者は見つかりましたか?

結論として迷ったら『屋根修理専門業者』に相談することをおすすめします!皆さんの会社選びが少しでも楽になったら幸いです!

大田区の屋根修理補助金・助成金・支援制度の紹介

依頼する会社は決まっても費用面は抑えていきたいところですので、気になる補助金制度についてを紹介していきます。大田区ではどんな補助金が使えるのか?自分で調べるのは大変なので、簡単にまとめてみましたので、参考にしてくださいね!

大田区建築物耐震改修工事助成制度

大田区では地震による建物の倒壊を防止するため、耐震改修工事にかかる費用の一部を助成しています。

詳しい条件は下記表に記載します。

対象S56年5月末以前に建築確認を受けた民間建築物のうち、
建築基準法に適合しているもの。
※補強コンクリートブロック造等の耐震診断基準のないものは除く。
補助額補助割合:1/2。
補助金限度額
・木造住宅150万円(道路未拡幅の場合100万円)
・木造以外の住宅200万円(道路未拡幅の場合150万円)
・分譲マンション3000万円(住戸数×100万円を上限)
・賃貸マンション500万円(住戸数×50万円を上限)
・その他の建築物(木造100万円、木造以外350万円)
・緊急輸送道路沿道建築物2000万円。

申請から受取りまでの手順

大田区建築物耐震改修工事助成制度の手順を簡単にまとめました。より詳しくは「申請の手引き」をご覧いただけますと幸いです。

  1. 助成金交付申請手続き
  2. 書類審査
  3. 「助成金交付決定通知」が届く
  4. 耐震改修工事の契約・開始
  5. 工事費用の支払い
  6. 工事完了報告
  7. 「助成金交付額決定通知」が届く
  8. 助成金の受取り

大田区では、区が定めた木造住宅耐震コンサルタントによる耐震改修工事の相談を無料で受け付けています。期間は1ヶ月程度です。コンサルタントによる相談後、木造診断士による耐震診断が行われます。

助成を受ける場合は、必ず契約前に申請が必要となります。また、助成を受けるためには、各手続きの流れの「助成交付申請」から「助成交付額決定通知」までの手続きを同一年度内(4月1日から翌年3月末※土日を除く)に完了することが必要なため、ご注意ください。

各ステップでの助成額

大田区では大田区建築物耐震改修工事助成制度に加えて、大田区建築物耐震診断助成制度、大田区建築物耐震改修設計助成制度も同様に申請することが可能です。

各ステップで補助を受けることができるため、該当の建造物が対象となるかどうか木造住宅耐震コンサルタントに相談してみましょう。

引用:大田区-区役所 木造建築物耐震化助成事業

また、耐震改修設計にかかる費用に関しても、上限を15万円として実際にかかった費用の3分の2まで申請可能です。それぞれのステップで申請が必要なため、改修工事は余裕を持ったスケジュールで進めていきましょう。

屋上緑化・壁面緑化助成制度

大田区では環境対策と景観整備を目的として、新たに屋上緑化・壁面緑化を整備しようとする建築物の所有者、またはそれらの権限を有する個人に対して屋上緑化・壁面緑化にかかる費用を補助しています。

詳しい条件は下記表に記載します。

助成対象建築物住居もしくは住居併用として使用している区内にある建築物で、昭和56年6月1日以降に建築確認を受けたもの。
助成額所要経費の2分の1。もしくは、屋上及び壁面の緑化面積1㎡につき2万円のいずれか低い方。
※上限50万円。

売買等の営利行為を目的とした屋上緑化・壁面緑化の整備など、助成対象にならない場合もあるため事前に確認をしておきましょう。

申請から受取りまでの手順

屋上緑化・壁面緑化助成制度の手順を簡単にまとめました。より詳しくは「詳細ページ」をご覧いただけますと幸いです。

  1. 事前相談
  2. 現地調査
  3. 申請書類提出
  4. 決定通知
  5. 工事開始
  6. 完了届の提出
  7. 区による完了確認後、請求書の提出
  8. 助成金の交付

工事開始後では助成金を受け取れなくなってしまうため、必ず契約前に大田区へ相談するようご注意ください。